旅行は宿泊費との闘い

普段の生活では
「寝床」に関して
悩んだことはないだろう。

 

家に帰れば
ベットがあって
壁と屋根があって
プライバシーも守られている。

 

しかしもし、
終電を逃した時などで
家に帰れなくなったとき
旅中で家がないとき

 

夜を明かすために
「寝床」が必要になる。

 

旅先や離れた場所では
ホテル、旅館、民宿で
お金を払って一時的な
部屋を借りる。

しかし、一回で
あってもその値段は

 

ホテルでも最低
5000円、

 

ゲストハウスの
ドミトリーでも最低
2000円は払う
必要がある。

 

日本で旅する時に
ホテルなどを使って
夜を過ごそうとすると
結構お金がかかる。

 

長期の旅になれば
なるほど更に
かさんで来る。

 

貧乏旅行者や
あまり寝床にこだわらない
人にとって、宿泊費を
「如何に抑えるか」が

 

重要になってくる。

 

今回はその宿泊費の
対策としてチャリダーが
行う「宿泊費」対策
ついて

 

自分なりに書いていきます。
こんな方法もあります!と
何かあればぜひコメントして
くれると嬉しいです。

 

野宿は個人的には微妙

ここでは野宿を

公共の場所で、宿泊を目的としない施設もしくは、そのために管理されていない場所において、旅の都合上しかたなく寝ること

として捉えている。
つまり私の場合
キャンプと野宿は
別ものだと考えている。

 

キャンプ場でキャンプ
→キャンプ

山の中でキャンプ
→野宿

 

 

自転車旅行=野宿と
考える人は多いと思う。
私もよく野宿をした。

 

多少の人の目が
気にならなければ
宿泊費は0円だし

私有地でなければ
公園、道の駅、
河川敷、そこら辺の
原っぱなど

 

寝る場所は無限大だ。

 

しかしデメリットも
それなりにある

 

  • セキュリティが皆無 
  • トラブルに巻き込まれる
    可能性がある。 
  • 寝心地は微妙
  • 施設が整っている
    とは限らない。

 

野宿の最大のデメリットは
セキュリティーが皆無なこと。

 

私はまだトラブルに巻き
困れたことはない。通報も
食らったことはない。

 

しかし初めての野宿では
かなり緊張して、偶に
聞こえる足音や風の音でも
目が覚めたのを覚えている。

 

そして公園だったらテント、
未知の駅だったらマットを
敷いて寝る。

 

そうすると人がいた場合、
特に公園ではすごい目立つ。

 

公園での野宿の場合は
夜遅めに来て、朝早くに
去るといった周囲への
配慮が必要。

 

野宿自体も法律的に
グレーなとこともあり、
行っていいかも個人の
裁量に任されているので

 

個人的には毎日寝る場所は
キャンプ場にするように
心掛けている。

 

ベストはキャンプすること

 

法律的にグレーでもなく
比較的安全で、そして
費用対策が良いのは

 

「キャンプ」である。
高級キャンプ地なければ
サイト料金で1500円以下に
なることが殆ど。

 

↑の写真のキャンプ場は
この風景でサイト料金が
200円という破格の
キャンプ場です。

 

キャンプ場でのメリットは

  • 管理されて比較的安全 
  • ホテルより断然、安い 
  • 設備が整っている

 

野宿よりかはまだ
安全かつ快適に
生活することができる。

 

デメリットとしては

 

  • 少なからず1000円は
    必要になってくる。 
  • 冬は寒い。夏は虫がいる。 
  • 道具を運ぶ必要がある。

 

事だろう。

 

外で寝るのでそのための
適切な道具は必要だし、
その道具を運ぶ必要がある。

 

 

ドミトリー増えてくれ!

そしてキャンプ・野宿では
電源が得られないので

 

最近の旅で必須の
スマホ・パソコンの
充電ができない。

 

スマホは充電器があれば
まだいいが、ノマドとして
仕事するにはパソコンは
必要である。

 

台湾に行った時は
いろんな場所にドミトリーが
あった。1泊1500円ぐらい。

 

他の人と寝ることが
気にならないのでかなり
有効活用できた。

 

日本にも2000円以下の
安さで泊まれるドミトリーが
あれば旅しやすくなると
思う。