海外自転車旅、まずはXXから始めよう

日本は旅に適した
いい国です。治安は良いし
どこにでも店や自販機は
あって食べ物に困らない。

 

鉄道網も多くて、
いざとなれば輪行で
帰ることもできます。

 

四季折々の景色と
様々な場所では美しい
景色をみることができます。

 

日本は自転車旅
しやすい所ですが、

 

中には日本では
飽き足らず海外にまで
走りに行こうと思う人も

いるでしょう。

 

しかし海外となると
日本を走るよりも
ハードルは上がります。

 

言葉や文化、価値観が
違うだけでなく治安まで
異なってきます。

 

中には治安や言葉の
問題で海外行きを
諦めてしまうかもしれません。

 

しかし比較的
日本の様にサイクリングが
できる国が近くにあります。

 

それは【台湾】です!。

 

今回の記事は
海外初自転車旅に「台湾」が
なぜ適しているのかを
紹介したいと思います。

 

もしかしたら日本より走りやすい?

先ほど日本は自転車旅に適した
国であると言いましたが
実を言うと台湾の方が
自転車旅しやすいです。

 

その理由として

 

  • 自転車道
  • 鉄道網
  • 飲食店、エイドの多さ

 

があります。

自転車道

台湾を自転車で一周する
ことを「環島」と書いて
ファンダオといいます。

 

元は『練習曲』という
主人公が台湾を自転車で
一周するストーリーの
映画があり

 

その映画がヒットしたことで
台湾を自転車で一周する事が
ブームになりました。

 

そして台湾で著名な
「GIANT」の会長が

台湾を安全に一周できる
自転車道の整備を政府に
進めたことで

 

台湾を一周する自転車道が
整備されて、政府も環島を
推しています

 

道路の端に↑このような

原付と二輪車のみが
走行可能な「二輪車道」が
一周をするように台湾に
引かれています。

 

日本の道路は主要な
国道であっても
車優先の造りなので
時折走りにくいです。

 

しかし大して
台湾はこのように
一周できる自転車道が
多くせいびされているので

 

初心者でも走り
やすい所になっています。

 

鉄道網

台湾 鉄道路線図(引用:https://www.skygate.co.jp/tour/taiwan/railway.html)

 

台湾は良い感じに
小さい島なので
一周する鉄道網が
整備されています。

 

そして
いくつかの区間には
自転車を分解せずに
そのまま載せらる

 

サイクルトレインが
運行されています。

 

私も自転車で通れない
場所を通るときに
サイクルトレインを
利用しました。

 

数日であっても
鉄道を使って空港や
台北、南部自由に
いくこともできます。

 

飲食店、エイドの多さ

台湾、中華の文化で
とても「食」を大切に
しています。

 

そしてどんな小さな
町でも沢山の個人
飲食店があります。

 

朝食専門の「早餐」
軽食専門の「素食」
など他にも様々な
ジャンルの飲食店があります。

 

ファミリーマートや
セブンイレブンなど日本で
お馴染みのコンビニも
あります。

 

そして基本的に
1食250円ぐらいで
お財布にも優しいです。

 

↓このチャーハンも
230円でした。

体力の消耗が激しい
サイクリストには嬉しい程
飲食店が多いです。

 

台湾に行こう!

以上が海外自転車旅で
台湾をおすすめする
理由です。

 

海外行くには
飛行機輪行などの
テクニックも必要に
なりますが

 

それをしても行く程
魅力にあふれた国です!
ぜひ行ってみてください。