ママチャリでもいいんです。

こんにちはJuneです。
この記事ではビギナー向けに
自転車の購入について
書いていきます。

自転車旅を始めるのに
まず必要なのは自転車です。

自転車旅をするのに
自転車がなければ何も
意味がありません。

しかし、
自転車旅は自転車さえ
あれば誰だってできます。

ママチャリでも可能なのです。
ただしこれからあなたが
快適に、より楽しく
自転車旅をするのであれば

スポーツバイクの購入を
お勧めします。

スポーツバイクでの
サイクリングはママチャリと
比べてとても手軽で

そして初心者でも
楽に遠くに素早く
サイクリングできるように

身体にやさしく
設計されています。

ママチャリは近場の
通勤、通学、移動を
重視しているので

遠出するために必要な
走行をする設計を
していません。

そのため自転車旅では
値段は高いですが
スポーツバイクの購入を
勧めています。

でも、お高いんでしょう??

「でも、ロードバイクとか10万するでしょ、、」

「そこまでお金は持ってないよ」

とお金の心配をする人も
多いと思いますが

大丈夫です。5万~7万あれば
十分快適な自転車旅が
可能な自転車に出会えます。

私の初期の自転車は
TREK 7.2fxという
クロスバイクでした。↓
(65,000円)

ロードバイクの様に
ドロップハンドル、
ビンディング
(ペダルと足を固定する装置)

がなくても

 

横浜→富士山麓一周
(計300km)

横浜→上高地
(計300km ほとんど山)

横浜→京都
(計400km)

台湾一周
(計1100km)

を走破することができました。

私は別に
自転車競技部に入っていた
訳でもなく

高校から弓道をやっていて
サッカー、野球といった
足を動かすスポーツは
余りやっていませんでした。

スポーツバイクを
いきなり買って
いきなり走り出しました。

ちょっと
距離を伸ばしながら
走っているといつの間にか
毎日100km走れる様になりました。

でも
最初の頃は自分にとっても
100kmは大きな数字でしたし、

クロスバイク買った時は
三浦半島(60km)とかを
走っていました。

ただこの記事で言いたいのは
まず最初に
サイクリングを楽しむに

あたって必ずしも

 

【グレードの高い、何十万もする
高価な自転車は必要ない】

ということです。

流石にママチャリではきつい
所が出てくるので
スポーツバイクの購入を
薦めています。

もちろんお金に余裕があれば
高めのロードやMTBを買っても
問題はありません。

しかし
ここでスポーツバイクの
値段を見て諦めてしまう人は
多々います。

初期投資程、
人はとても慎重になります。
なかでは

「大丈夫といいておきながら5万かい!高いじゃないか!!」

と思うかもしれません。
しかし

ただ知ってほしいのは
5万~7万のクロスでも

十分、自転車旅行はできます。
週末にポタリングしたり

軽くサイクリングすることも
できます。

クロスで日本一周したひと、
ユーラシア大陸を横断した人
そんな人もいます。

旅行代理店が企画する
1回のツアーと
同じぐらいの値段で

あなたの世界と
人生レベルで

広がると言っても
過言ではありません。

 

まずはスポーツバイクを
売っているお店に足を
運んでみてください。

その日は自転車を眺める
だけでも大丈夫です。

中には試乗させてもらえる
自転車店もありますよ

やってみよう!!

1.Googleマップなどで近くのスポーツバイク専門店を探す。

ママチャリを専門に売っている
『町の自転車屋さん』よりも
ロードを専門に売っている
自転車店が近場にないか調べてみる。

2.空いている時間に行く。(予約とかないです)

修理とかじゃないので予約は
流石に必要ないです笑。
モデルの自転車が外に展示して
あったりと結構オープンな感じです。

とくに忙しそうでなければ
店員さんに

「ロード、クロスを買おうと思ってるんですが、カタログってありますか?」

というと大体の自転車店の
店員さんがカタログを持ってきて
くれます。

カタログがあると店員さんも
あなたも用途に合った自転車を
見つけやすいです。

3.カタログを貰う。自転車を眺めてみる。

カタログをもらったらざっと
見て見ましょう。多分金額にも
驚くかもしれませんが、
ルックスもかなりいいものばかりです。

4.店員さんに初心者向けの自転車や自分がしたいサイクリングスタイルを伝えて、おすすめの自転車を紹介してもらう。

次回の記事でも書きますが
自転車には様々な種類があり、
それぞれ適する用途が異なります。

あなたがやってみたいサイクリング
スタイルを店員さんに伝えて、
アドバイスを聞いてみましょう。

最初は誰もコンポーネント
(部品)とか分からないので
店員さんに聞いた方が確実です。

身長で購入できる自転車が
限られたり、ママチャリ生活
だけでは知りえない様な自転車の
情報ついて深く知れます。

 

 

次回は

スポーツバイクに触れてみたら
今度はどんな自転車を買えば
後悔しないかを書いていきます。

まずは
サイクリングスタイルから

車種を絞っていきます。

サイクリングスタイルと
異なっていた車種を買うと
こんなはずではと

なりかねません。

 


あなたが求める
自転車旅行のスタイルは何?