サイクリストの聖地”しまなみ海道”へ行こう

 

「しまなみ海道」
広島県尾道から
愛媛県今治(イマバリ)までを
結ぶ全長70㎞の道である。

 

本州と四国を結ぶ道として
重要な道路であり、

 

広島・尾道

向島

因島

生口島

伯方島

大島

愛媛・今治

 

と5つの島に橋と
道路が貫いている。

 

 

基本は自動車道であるが
その自動車道の下には
自転車と歩行者が走れる
連絡路がある。

 

サイクリストは島を回って、
そして橋を伝っていくことで
尾道から海を越えて
今治へ向かっていく。

 

ただし、しまなみは関東勢には遠い!

サイクリストの聖地とも
呼ばれるほどの場所であるが、
関西にあるので

 

関東のサイクリスト、
チャリダーが自転車旅行に
行くのは大変である。

 

今回は関東サイクリスト、
特に自転車旅行に行く場合の
方法について少し説明すると共に

 

しまなみでのキャンプや
サイクリングの魅力を
お伝えします!

 

 

【基本は新幹線+宅急便】

荷物をもったチャリダーには
輪行は大変だ。乗り換えや
重さ的にも肩が死ぬし、
しんどい。

 

パニアバックを使って
自転車旅行をする場合、
大きな荷物が輪行のネックと
なる。

 

そんな時
使えるのが

 

「宅配便の営業所受け取りサービス」

 

である。

 

自宅から目的地の駅近くの
営業所に荷物を送り、
留めてもらう。

 

輪行して到着したら
営業所で荷物を受け取る
と言う方法だ。

 

 

営業所留めを使えば
輪行の際に大変な思いもせず
気楽に目的地までいって
荷物をうけとり、

 

そしていつもの
自転車旅行ができる
ようになる。

 

 

私の場合はこうだ!

私は横浜に住んでるので
新横浜→新神戸へと
新幹線で移動した。

 

(山陽道も旅したかった。
 ので神戸で降りました。
 新尾道まで新幹線で
 いけます!)

 

あらかじめ箱に
キャンプ用品などを入れておき
自宅から集荷して新神戸の
営業所へ送った。

 

そして横浜から新横浜まで
いって、そして新幹線で
新神戸まで飛ぶ!

新神戸で組み立てて、
営業所に行きます。

 

 

そして荷物を受け取れば、

山陽、四国一周自転車旅行が
はじまります。

 

 

関東勢がしまなみに行くときは
ぜひ「営業所止め」を使って
みてください。

 

 

海の上を走っている!!

しまなみ海道を渡っているとき
本当にそう思いました。

 

しまなみ海道は自動車道なので
尾道から直接、橋にはいけません。
向島までフェリーで渡って
いきます。

 

それぞれの島にはルートが
道路に書かれているので
迷う心配はありません。

 

そして
しまなみ海道は高い位置に
あるのでそこそこ
ヒルクライムします。

 

 

そして橋の中は
このように連絡路が
あります。

ここから外に見ると
本当に海の上を走る
感覚を得られます。

 

島を回るときの
島々の景色、

 

キャンプ地、温泉も
いくつかあるので
キャンプツーリングも
普通に楽しめます。

 

そして今治に到着
70㎞なので朝から走れば
普通に夕方には今治に
つきます。

 

そして「大三島」には
サイクリストの聖地石碑が
あるので記念に取ると
いいですよ!

以上がしまなみ海道の
関東勢チャリダーの生き方と
魅力でした。

 

山陽・四国一周編に
詳しい旅の内容があるので
ぜひ見てください!