台湾一周まとめ

2017年3月15日。
日本に帰国

 

成田に
16時ぐらいについた。
日本に戻って最初に
感じた。

 

寒っ!台湾南部では
半袖でも暑かったのに
日本はまだ冬の日がある。
雨の成田にて自転車を受け取る。

 

無事に運べたみたいだ。
税関で検査を終えて
ロビーへ。

 

日本語!!
母国に帰ってきた。


初めての海外は刺激的で
何もかもが新しく、
挑戦的だった。

 

日本語の表記が
メインになり
安心を感じた。

 

段ボールは
もういらないので
剥いで捨ててもらった。
輪行袋だけにして横浜へ戻る。

 

あぁ我が家

21時ごろに
ようやく到着。夜の駅で
自転車を組み立てる。
問題なく走行で来た。

 

念のため
後日点検にだした。
2週間ぶりの我が家。

 

外国へ行って
一周して無事に
戻ってこれた。
自分の中で一番の冒険だった。

 

ちなみに、台湾から輸送された荷物は帰国後数日で届いた!

しかし検査で開けられた(笑)

 

 

 

 

 

 

まとめ

1.
海外ではやはり
言葉の問題が大きい。

今回は中国語圏内で
漢字表記だったので
感覚的に
分かることもあった。

 

英語が通じることも
あったので何とかなった。

 

ただし現地語の基礎的な
会話・フレーズは
知っておくべき。

 

そうするだけで
コミュニケーションが
とてもはかどって
楽しい旅になる。

 

万能という
訳ではないが

 

英語はつかえるように
なれば英語を話せる
外国人と友達に
なれるぞ。

 

生活や旅の進行上
分からないといけない
情報は勉強しよう。

(空港の案内や、環島の看板、最低限のあいさつ言葉とか)

 

しかし、
食事の注文や
トイレを借りたいとかは

 

筆談、ジェスチャー、
Google翻訳でも
十分通じる。

 

2日目のおじさんに
寝床を頼んだ際も
100%Google翻訳だったし。

 

絵や筆談でも意志は
十分伝えられる。

 

 

2.
飛行機輪行はとりあえず
何事もなきを得た。

今回の旅では
自転車の空輸と言う
ハードルがあった。

 

一番嫌なのが
自転車の破損。
その対策として

 

段ボール
プチプチガード
ディレイラー外しは
やって正解だった。

 

台湾についてから、
帰国してからも特に
自転車に異常はなかった。

 

とりあえず防御力を
高めて、箱の中で
動かないようにすることが
重要。

 

そしてエンドと
ディレイラーを守ること。

 

3.
台湾での旅は
衣食住に困らない

台湾旅の特徴の
一つは、テントを
1回しか使用しなかったこと。
(台湾最南端という僻地で)

 

野宿ができるように
アウトドア用品を一式
もっていったが
超過料金を取られるだけだった。

 

各町に1500円程度で泊まれる
安い宿があるので
「寝ること」「充電」には困らない。

 

ただし2日目の様な
山中の町には宿自体がない
可能性がある。
(もしくは高いホテル)

 

Booking.comなどの予約サイト
GoogleMapを駆使すれば
宿に泊まれないという
事態は防げるであろう。

 

そして
食べ物には困らない。

 

日本の様に24H コンビニが
いたるところにあり、

 

さらに
朝早くからやっている
朝食専門飲食店、

 

1品100円程度の
軽食専門店など

 

とにかく小さな町でも
必ず飲食店は存在する。
それが台湾なのだ。

 

200円も払えば
そこそこお腹いっぱいに
なるので、自炊するより
楽で安いかもしれない。

 

4.
台湾は自転車にやさしい

台湾政府が
自転車一周を
推していて道路が
きちんと整備されている。

 

速度の速い自動車と
走行域が区別されているので
車の接近や渋滞の
ストレスを感じずに走れた。

 

ただし
まだ整備が追い付いていない
箇所も存在するのでそこは
注意。

 

またGIANT(自転車店)
コンビニも多いので
メカトラブルや衣食住に
困ることはないだろう。

 

空輸の都合で
持ってこれなかった
チェーンオイルは
台湾のGIANTで購入。

 


台湾は
海外自転車旅初級には
もってこいの国だと思う。

 

5.
決定は大胆に

情報収集は慎重に

普段の旅でもそうだが
基本的に旅中と言うのは
なぜかトラブルが起きる。

 

だからこそ
思い出も深まって
自分の問題解決力も
つくいい経験となる。

 

台湾は
海外自転車旅初級に
ぴったりな国とはいえ

 

言葉の通じない海外では
国内よりも予想しない
トラブルや出来事がある。

 

この私の旅だけでも

・空港から台北へ行けない。

・台北で予約してた宿が移転してた。

・2日目は知らない人の家に泊まる。

・犬に追いかけられる。

・宿にタオル、備品を忘れる。

・キャリアのねじが吹き飛ぶ

などなど

 

それらは事前の情報収集や
予習と経験によって
大方解決できる。

 

地球の歩き方を買う。
私の様に環島やった人の
Webを見てみる。

 

など情報は
いたるところに転がっている。

 

情報収集は慎重に行い、
様々な可能性を考慮して
行動することがトラブルを
防ぎ、

 

たとえ遭ったとしても
旅を中断させるほど
重大な事にはならないだろう。

 

 

 

 

 

 

台湾を走ってみて..

台湾に行って
本当に良かった。

 

多くの事を学べ
自分の中で大きな
糧になった。

 

これが
世界一周の時にも
生かされることを願い


次の旅の計画を
練ることにした。

 

台湾は多分もう
一回行くであろう。


太魯閣へのリベンジや
行けなかったとこにも
行こうと思う。

☆台湾一周編おしまい☆

 

次は国内!
日本国道最高地点へ行く!
→渋峠・磐越編

 

台湾旅、海外サイクリングの
テクニックはこちら!

→海外自転車旅のテクニック集
(整備中・・・)