自転車×キャンプしてみませんか

アウトドアスポーツである
自転車とキャンプの相性は
抜群です。

 

そして
自然の中の道を走って

その中で一夜を過ごすという
経験は

 

都会や普段の生活では
得ることができません

 

整えられた環境から
あえて抜けて自然の中で
過ごすのは精神的な面でも
非常に効果があるとも言われてます。

 

サイクリングで変わりゆく
景色や山の中などを通って
いるうちにキャンプをしたいと
思う人も多くいます。

 

また自然を楽しむ目的以外に
キャンプは一般的な宿泊施設より
安く一夜を過ごすことができます。

 

移動日数が長い自転車旅に
とっては宿泊費は高くつきます。
それを節約すると共に

 

キャンプスキルと道具があれば
いろんな所で寝ることもでき、
宿泊施設の心配をすることも
無くなります。

 

キャンプと自転車は
楽しみ的にも
経済的にもメリットの
高い組み合わせです。

 

しかし
キャンプとなると勿論
道具が必要になります。

 

今回は自転車でキャンプを
するにあたり考えるべきことを
述べていきます!

 

キャンプ用品を運ぶには?

キャンプをするにあたり
道具が必要であり、さらに
それを運ぶ必要があります。

 

まず自転車でどう
キャンプ用品を運ぶかに
ついてですが

 

それは自転車の
種類と設計によって変わります。

 

クロスバイクやランドナー
ではフレームのリア側に
『タボ穴』が付いているので

そこに『キャリア(荷台)』を
つけて拡張することで
荷物を付けられます。

 

ただし一部の
ロード、MTBなど競技志向の
バイクにはフレームに
『タボ穴』がない場合が多いです。

 

その場合は
バイクパッキングと言って
大型のサドルバック、
フロントバック

 

フレームにバック類を固定して
荷物を運ぶ方法があります。

出典:https://ja.aliexpress.com/

 

積載量は荷台をつける場合と
比べて少ないですがキャンプは
余裕で出来ます。

 

というかキャンプは
テント・マット・寝袋・バッテリー
4つがあればすぐにできます。

 

そこに工具、輪行袋、着替え
といった道具から

 

キャンプをより楽しくするために
自炊具、ランタン、などの道具を
加えていくと荷物量は増えてきます。

 

持っている自転車と
ツーリングスタイルなどに関しては
この記事を見てください。
↓↓

 

>>02:あなたが思う自転車旅行のスタイルは?

 

ちなみにバックパックに
全部の荷物を入れて運ぶと
肩が死にます。

 

路面の振動から若干
バックが揺れて伝わる負担と
常に何十kgのリュックを付けて
走るのは無茶があります。

 

そのため荷台やパッキングが
必要になります。

道具は何を買えばいいの?

道具は先ほど言った
テント・マット・寝袋・バッテリー
は必須ですがそれ以外は

 

あなたがどんなキャンプを
するかによって荷物は
変わってきます。

 

キャンプは寝るだけで
食事は全部買っておく
というスタイルならば
上の4つだけで十分です。

 

「バーナーとか使って料理してみたい!」
→バーナー、クッカー、燃料が必要

 

「湖畔や星空を眺めながら外で読書したい」
→チェア、ランタンが必要

 

「焚火もやってみたいなぁ」
→火台が必要

 

このようにやりたい事を
まとめておくと何が必要か
分かってきます。

 

他に
「もしもの時に備えたい」
「北海道や山中など人や店が少ない所に行きたい」
→食料、水、バーナー、クッカーなど

 

という場所を問わずどこにでも
行けるようになるためにも
道具は必要になってきます。

 

このキャンプ道具も
まとめた記事があるので
そちらを参照して下さい。

 

>>装備紹介自:転車旅に必要なキャンプ用品

 

キャンプは普段の生活と
かけ離れて自然の中で
暮らすので多少の不便は
必ず存在します。

 

しかしその不便さこそが
自然を楽しみ、普段の生活へ
新しい見方を与えてくれます。

 

自力で走っていく自転車旅に
加えキャンプでの少々の不便が
あなたに新しい考え方や感性を
きっと与えてくれるでしょう。

 

お金がーーー¥¥…..

分かります。分かります。
財布から去っていく諭吉さんと
増えていくカード請求額の
痛みは分かります。

 

できるだけお金を少なく
けど自分のやりたいことを
したいのは分かります。

 

しかし、キャンプ用品は
移動をしつつも

外での生活を快適にするために
様々な工夫と開発が裏にあります。

 

そのためどうしても高く
なってしまいます。

 

ですがこれも自転車を
買った時と同じです。

・購入金額を予想使用回数で割る

 

・商品説明だけでなく実体験も聞く
(情報を集めて総合的に判断する。)

 

・使用時期と状況さえ間違えなければ

 結構何とかなる。

 

・今はお金がなくてもちょっと

 ずつアップグレードすればいい。

 

詳しい内容はこちら

>>04:趣味へのお金の抵抗感の払拭

 

この4つを意識しましょう。

 

このブログでは
あなたができるだけ情報不足で
現地で損をしないように
買っておくべきもの

 

あなたが素晴らしいキャンプ
ライフができるように
妥協すべきでないものも
装備紹介で書いてあります。

 

そしてこれを買ってよかったと
思えるような買い物と
自転車旅をしていきましょう!

 

やってみよう!!

1.
キャンプスタイルを決める

自分のキャンプスタイル
どんなことをやってみたいか
をまとめる。

 

Youtubeでキャンプ動画を
調べるとイメージしやすい。
外国人の動画は特にいい。

 

2.
必要なものをまとめる

 

自分が持っている
アウトドア用品と
その性能を確認して
スタイルに合うかを確認。

 

そしてないものは購入する
ために情報を集める。

 

3.
用品情報を調べる

 

私の装備紹介を見ても
いいですし

 

用途と性能と道具を
合わせて検索をかけて見る。

 

日本のキャンプ用品は
モンベルが特に有名。

 

MSR、LOGOS等
色々あるのでブランドを
調べよう。

 

店舗でカタログをもらったり
ウェブでダウンロードすると
何を買いたいかが決まってくる。

 

4.
買いそろえる

 

 

次回は

 

キャンプ用品を買ったけど
現地ではどう展開するのか

 

どうゆう風にパッキングすれば
いいのか?をまとめていきます

 

次の記事は
そのキャンプ用品を使って
前回の様に1泊程度の
旅に行ってみる方法を述べます!