日本最高と思う時はやっぱり風呂

(↑群馬:草津温泉)

 

こんにちはJuneです。
今回の記事でついに
サイクリングコラムも
11記事目になりました。

 

これからも毎日更新
頑張っていきます。

 

今回の内容は
自転車と【温泉】に
ついて話します。

 

自分の自転車旅では
風呂が大切だと思ってます。

 

単に衛生的と言うよりも

 

  • サッパリするし
  • 疲れは取れやすいし
  • 眠りに入りやすいなど

 

まる1日サイクリングした
体を洗って、激熱の
湯船にINするのは
旅の1日でも最高の時間です。

 

 

まずは名湯系から

今のところで
一番感銘を受けたのは
草津温泉です。

 

有名どころですが
自転車で行くのは
とても苦労します。

 

吾妻や日光あたりを
走った人は知っていると
思いますが

 

日本ロマンチック街道
という全然ロマンチック
ではない激坂の道路を
登る必要があります。

 

草津温泉に行くには
10%の道路を上る
必要があります。

 

そして疲れながらも
草津に到着。

 

 

そして宿で荷物を
整えて湯畑に
風呂に入りに行きます。

 

 

このように
ライトアップされて
美しい湯畑でした。

 

 

草津には無料温泉があるので
43℃の激アツ風呂に
入りました。

 

激坂で疲れたからだに
しみわたりました。

 

激坂があったからこそ
湯船に癒されました。

 

秘湯系へ

有名どころ以外にも

 

北海道の羅臼という
日本の端っこにある
「熊の湯」

 

 

 

鬼怒川の奥にある
ダートを越えた先にある
日光沢温泉

 

このような秘湯も
行くのが難しいが故に
そして源泉から引いた
湯に入るのは幸せでした。

 

激坂やヤバい道を走ることに
なりますがその疲れた体を
風呂で癒すのはとても
気持ちいです。

 

日本に生まれてよかったと
思える一つの瞬間です。