北海道一周編その2 いきなりの130km

北海道一周編

[:ja]

始まった一周、2200㎞の130㎞

 

お別れ

朝の5時。
なんか変わった動物の
鳴き声で目が覚める。

 

北海道に上陸して
1日が経った。今日から
一周を始める。

 

気温は涼しく
シュラフなしでは
寒いぐらいであった。

今日のルートは
白老町から海岸沿いに
登別(のぼりべつ)、
室蘭、洞爺湖、

 

そして長万部(おしゃまんべ)へ向かう。

 

距離は130kmで
洞爺湖から先には
山があり

 

3つ峠を越えるという
初日からなかなか
ハードなコースである。

 

テントからでて
朝ご飯を作る。

 

昨日のご飯は朝飯の分も
炊いていたので、
結構残っている。

 

親子丼の具パックを
湯せんで温めて
かけて食べた。

 

昨日であったばかりの
ライダーのSさんは
函館へ

 

チャリダーのTさんは
千歳へそれぞれ
向かっていった。

 

最後に互いに
握手を交わして
FaceBookを交換する。

 

またいつかどこかで
会えるといいな。
そう思い
キャンプ場を後にした。。。。


まずは室蘭に向けて出発!!

国道に出るとやっぱり広い!
路側が十分にある。
そして雪国ならではで
信号機が縦になっている。


 

早速、登別へ向かう

くま!

 

かに!

 


北海道らしい
オブジェがあった。

 

しかし
この国道沿いは
商業施設の廃墟が多い。

 

プールや定食屋、売店など
様々な種類の廃墟があった。

 

ちなみに上の写真の
レストランは廃墟ではないぞ。

 

「かに御殿」という
1500人も収容できる
巨大レストラン。

 

かにも売っている。

登別に到着すると
とつぜん洋風の建物が出現。

 

どうやら
テーマパークのようだ。
一休みして室蘭にむかう。

 

曇り空が広がり
雨を心配しながら
室蘭に到着。

 

地球岬につづく
小さい丘にのぼると、
工場群が見えた。

私は雄大な
自然が一番好きだが
人工物の中でも
工場は結構好きな部類である。

 

工場萌えってやつかな?

 

立ち上る白煙や煤煙。
高くそびえる煙突
よくわからない配管
壁の錆びなど

 

印象に残るものを感じる。

 

 

地球岬は絶景と聞くが
長万部までいくために
膝を温存するためカット。

 

昼だったので
ラーメンをたべる。
北海道初のラーメン。

 

昼食を食べている間に
雲がなくなり
青い空が広がっていた。

 

白鳥大橋と共に
映る室蘭は勇ましかった。



室蘭をでて
しばらくアップダウンがつづく。
今回の荷物は多いので
のぼりがかなり大変である。


しばらく走ると
洞爺湖町に到着。

 

洞爺湖には
今回は行かない。
洞爺湖のある山をながめ
休憩所で写真を撮った。

 

 

フルパックで峠を5つ越える!!

洞爺湖町をでると
長万部までは60kmほど。

 

しかし
洞爺湖から先には
山があり峠を
5つ越えなければならない。

 

荷物を載せての
長距離 × 峠はかなり
キツイ。

 

トンネルもあるので
ハードな道になりそうだ。
トンネルは短いが
歩道がないタイプが多い。

 

トンネルを過ぎれば
下り坂にあるが
どうせこの後にも登りがある。

坂はこんな感じ。
激坂ではないが
足には結構来る。

 

これが数回あるのは
結構心がやられる。



 

路側帯が広いのが
唯一の救い。

 


この峠が
終わる瞬間が楽しみ。
苦しみから解放されて
下り坂が待っている!

 

登りでかいた汗は
下りで乾かすに限る。

 

15:30 

長万部の平野へヒルダウン

夕方に近づき
日が落ちはじめる。

 

最後の峠を越えて
長万部の平地まで一気に下る。

 

北海道2日目から
本当にハードであった。


この平原を見た時
北海道らしいずぅーーと
遠い先まで道が続く
風景が見られる!と思った。

 

実際、
長万部市街地までに
行く5kmの道路は

こんな感じであった。
前には遠くまで
真っすぐな道路

 

右には山と草地
左には海が広がる。

 

そんな何もない
広い北の大地が
広がっていた。

 

市街地にいく5km間
信号に一回も
捕まらなかった。

 

追い越す車のスピードも
結構速い。

 

しかし
路側が広いので
安全に走れる。

 

ぐうたら漕ぐこと20分
長万部中心地に到着。

 

北海道新幹線
延伸の広告があった。



「栄湯」という
昔ながらの銭湯に入る。

 

ソープ類を持っておらず
また銭湯内にも
置いてなかったので

 

石鹸を買おうとしたが
番台のおじいちゃんが
余った石鹸をくれた。
ありがたい。

 

風呂に入るのは
やっぱり癒される。
昔ながらの銭湯の
お湯はとても暑いが

 

130km走った足が
溶けるように癒された。

 

自転車旅では
食事、風呂、睡眠
絶景がおもな楽しみ。

 

その中でも風呂は
疲れと汚れがとれ
身ともに綺麗になる。

 

風呂を後にして
キャンプ場に向かう。

 

暗くなり始めていたので
急いでテントを張り
食事の準備をする。

 

今回のキャンプ場は
川のそばなので
うっとおしい蚊が
飛んでいた。

 

あっという間に
刺されてしまった。
虫よけ必須。


夕食は
カレーライスにする。
お米を袋湯煎法で炊き、
ルーはレトルト。

 

袋湯煎法は後に
道具・小技編で
詳しく説明します。

 

自炊をするための
バーナーはMSR

ドラゴンフライインターナショナルを使用する。

 

このバーナーは
なんと灯油・無鉛ガソリン・ホワイトガソリンが使用可能。

 

夏の北海道一周ぐらいであれば
ガスボンベで十分である。

 

しかし主な理由は
来年の世界一周のために
使用するので

 

その性能や燃費を
確かめて練習するために
今回はMSRを使用した。


現在の燃料は灯油。
北海道のガソリンスタンドで購入。

 

1Lの携行缶で
灯油を運びそれをMSRの
燃料ボトルに入れて使用した。

 

使用したが、
灯油のプレヒートが
中々上手に行かず


赤く煤の出る炎に
なってしまう。


おかげでクッカーと
バーナーが真っ黒に
なってしまった(´;ω;`)


一応ご飯を炊いたが
内部の米は芯が残っていた
レトルトカレーと混ぜで
どうにか食べれた。

 

芯が残っている
米は美味しくない.

 

..片づけを終えて
テントに入る。

明日のルート
寝る場所
天気などを
確認した後

 

日記を書いて寝た。
この日は2日目から疲れた。
川の音が心地よい。

 

次は道南エリア最大の都市
函館へ
次→その3

 [:en]朝の5時。なんか変わった動物の鳴き声で目が覚める。北海道に上陸して1日が経った。今日から一周を始める。気温は涼しく、シュラフなしでは寒いぐらいであった。


今日のルートは、白老町から海岸沿いに登別(のぼりべつ)、室蘭、洞爺湖、そして長万部(おしゃまんべ)へ向かう距離は130kmで、洞爺湖から先には山があり、3つ峠を越えるという初日からなかなかハードなコースである。

テントからでて、朝ご飯を作る。昨日のべちょご飯は朝飯の分も炊いていたので、結構残っている。正直食べるのは辛い。。親子丼の具パックを湯せんで温めて、かけて食べたが、ご飯と全くマッチしなかった。どうにかこうにか食べ終えて、昨日であったばかりのライダーのSさんは函館へ、チャリダーのTさんは千歳へ、それぞれ向かっていった。最後に互いに握手を交わして、FaceBookを交換する。またいつかどこかで会えるといいな。そう思い、キャンプ場を後にした。。。。

国道に出るとやっぱり広い!路側が十分にある。そして雪国ならではで、信号機が縦になっている。
早速、登別へ向かう
くま

かに

北海道らしいオブジェがあった。しかし、この国道沿いは商業施設の廃墟が多い。プールや定食屋、売店など様々な種類の廃墟があった。ちなみに上の写真のレストランは廃墟ではないぞ。

登別に到着すると、とつぜん洋風の建物が出現。どうやらテーマパークのようだ。一休みして室蘭にむかう。曇り空が広がり、雨を心配しながら室蘭に到着。地球岬につづく小さい丘にのぼると、工場群が見えた。私は雄大な自然が一番好きだが、人工物の中でも工場は結構好きな部類である、工場萌えってやつかな?立ち上る白煙や煤煙。高くそびえる煙突、よくわからない配管、壁の錆びなど印象に残るものを感じる。Simcityというゲームでも工場地帯をみると都市の発展を感じられるので好き。

地球岬は絶景と聞くが、長万部までいくために膝を温存するためカット。昼だったのでラーメンをたべる。北海道初のラーメン。でもなんか全体的に微妙であった。また違うラーメンに会うのを楽しみにする。昼食を食べている間に雲がなくなり、青い空が広がっていた。白鳥大橋と共に映る室蘭は勇ましかった。

室蘭をでて、しばらくアップダウンがつづく。今回の荷物は多いのでのぼりがかなり大変である。


しばらく走ると、洞爺湖町に到着。洞爺湖には今回は行かない。洞爺湖のある山をながめ、休憩所で写真を撮った。

洞爺湖町をでると、長万部までは60kmほど。しかし、洞爺湖から先には山があり、峠を5つ越えなければならない。荷物を載せての長距離 X 峠はかなりキツイ。トンネルもあるのでハードな道になりそうだ。トンネルは短いが、歩道がないタイプが多い。トンネルを過ぎれば下り坂にあるが、どうせこの後にも登りがある。

坂はこんな感じ。激坂ではないが、足には結構来る。これが数回あるのは結構心がやられる。


この峠が終わる瞬間が楽しみ。苦しみから解放されて、下り坂が待っている!登りでかいた汗は、下りで乾かすに限る。

15:30 夕方に近づき、日が落ちはじめる。最後の峠を越えて、長万部の平地まで一気に下る。

 北海道2日目から本当にハードであった。この平原を見た時、北海道らしいずぅーーと遠い先まで道が続く風景が見られる!と思った。実際、長万部市街地までに行く5kmの道路は、

 こんな感じであった。前には遠くまで真っすぐな道路、右には山と草地、左には海が広がる。そんな何もない広い北の大地が広がっていた。市街地にいく5km間、信号に一回も捕まらなかった。追い越す車のスピードも結構速い。しかし、路側が広いので安全に走れる。ぐうたら漕ぐこと20分、長万部中心地に到着。北海道新幹線延伸の広告があった。

「栄湯」という昔ながらの銭湯に入る。ソープ類を持っておらず、また銭湯内にも置いてなかったので、石鹸を買おうとしたが番台のおじいちゃんが余った石鹸をくれた。ありがたい。風呂に入るのはやっぱり癒される。昔ながらの銭湯のお湯はとても暑いが、130km走った足が溶けるように癒された。自転車旅では食事、風呂、睡眠、絶景がおもな楽しみ。その中でも風呂は疲れと汚れがとれ、心身ともに綺麗になる。

 風呂を後にして、長万部のキャンプ場に向かう。暗くなり始めていたので、急いでテントを張り、食事の準備をする。今回のキャンプ場は川のそばなので、うっとおしい蚊が飛んでいた。あっという間に刺されてしまった。虫よけ必須。
夕食はカレーライスにする。お米を袋湯煎法で炊き、ルーはレトルト。袋湯煎法は後に道具・小技編で詳しく説明します。自炊をするためのバーナーは、MSRドラゴンフライインターナショナルを使用する。このバーナーはガスではなく、なんと灯油・無鉛ガソリン・ホワイトガソリンが使用可能。北海道一周ぐらいであれば、ガスボンベで十分である。しかし燃費、主な理由は来年の世界一周のたに使用するので、その性能や燃費を確かめて、練習するために今回はMSRを使用した。
現在の燃料は灯油。北海道のガソリンスタンドで購入。1Lの携行缶で灯油を運び、それをMSRの燃料ボトルに入れて使用した。使用したが、灯油のプレヒートが中々上手に行かず、赤く煤の出る炎になってしまう。おかげでクッカーとバーナーが真っ黒になってしまった(´;ω;`)
一応ご飯を炊いたが、内部の米は芯が残っていたレトルトカレーと混ぜで、どうにか食べれた。芯が残っている米は美味しくない…片づけを終えて、テントに入る。明日のルート、寝る場所、天気などを確認した後、日記を書いて寝た。この日は2日目から疲れた。川の音が心地よい。

次→その3

 [:]

コメント

タイトルとURLをコピーしました