春休みライドも終了!

寒風山で膝を痛めてペースが
がた落ちしてしまったが何とか
横浜へ帰れる徳島にこの日は
到着した。

海陽町から90㎞なので遅く
走っても午後の16時ごろに
到着。

海陽町の中心街にヤマトの
営業所を見つけたのでそこで
「重い」原因になっていた
キャンプ用品を郵送。

四国からでも2800円ほどで
横浜へ送ることができた。

海陽町から徳島までは
山道を通ることがおおい。
お遍路さん用の歩道などをを
使ってなんとか膝を傷めずに

徳島へ向かうことができた。
徳島に行くにつれて次第に
交通量も多くなってくる。

この写真のように
「お遍路さん注意」の
看板があったりする。

山中の定食屋さんで
ご飯を食べてさらに徳島へ
向かっていく。

徳島も桜はほぼ満開に
なりかけていた。ところどころ
山桜のトンネルがあったり
綺麗な所があった。

55号をどんどん進んでいく。
狭い山道にそこそこの
交通量なので注意したい。

そして徳島の南の市、
『阿南市』に到着。

平野部まで下りると山道
とは違って広い幹線道路が
あらわになった。

夕方には徳島市に到着。
痛む膝で何とか完走した。
姫路から訳700km。
しまなみ~四国半周旅終了!

2日目は観光がメイン

徳島では「さくら荘」という激安の
ビジネス旅館に泊まってフェリーと
新幹線の予約の日まで観光をすることに。

しかし安心したためか膝が痛く
観光にせっせと行ける感じで
なかった。近場で我慢する。

徳島ラーメンを食べに行く。

自転車旅をすると現地の
ラーメン屋に良く行く。
徳島のラーメンはどんなものか?

有名店である『東大』という
ラーメン屋にいく。

徳島ラーメンはこんな感じ。

徳島ラーメンにはスープに
種類があってこのラーメンは
「茶系」といって、豚骨に
醤油を加えたスープ。

豚バラ肉がのっていて、
麺は細目でストレート。
生卵を入れるのが特徴。

ちなみにこの『東大』は
生卵がこのように山に
置かれていて、

何個も入れても大丈夫。

春の徳島城

徳島城跡地では桜が満開、
花見のお客さんが多くいた。

どうせならもっと
鳴門とかも行きたかったが
足が痛くなってきたので
今回はいかなかった。

3日目、徳島から移動

3日目は徳島から和歌山へ
フェリーで移動。和歌山駅から
大阪へ輪行してその後に
新幹線で新横浜へ帰還した。

西日本は遠いので
京都より先が開拓できて
居なかったが

ヤマトの営業所止めを使うことで
あらかじめキャンプ用品を持って
西日本スタートすることができた。

往復の交通費がかかるので
現地スタートよりお金はかかるが
この方法を発展させれば九州や
山陰なども開拓できるかもしれない。

世界一周が大学にリジェクトされて
げんなりしていた中の自転車旅で
あったが何とか完走できた。