痛む膝を押さえながら室戸岬へ

5日ぶりの屋内での宿泊はやっぱり
キャンプとは大違いで心地良さが
全然違うし、楽だった。

テントを設置したり撤収のために
乾かしたりせずにすむし、
夜は寒くも暑くもないので
とても快適だ。

素泊まりであったが、1泊6000円
取られてしまい余裕で5日分の
宿泊費を上回ってしまった。

でもゆっくりできたおかげか
膝は昨日よりマシにはなった。

しかし油断は禁物なので
今日は徳島まで行かずに
80㎞先の町で寝ることにした。

今日辿ったルートは
こんな感じ。四国の突き出てる
所を言って戻ったというルート。

とがった部分は「室戸岬」と言われ、
桂浜に並ぶ四国の景勝地である。

ゆっくり南へ行く

安芸より南は室戸岬を
造っている「安芸山地」の
影響で崖沿いの道路なので
トンネルと狭い道路が多い。

おもに55号を南下していく。
室戸岬を通らないでいく
493号もある。今回は
室戸岬に行くのでそっちにはいかない。

あっという間に室戸市に
到着した。室戸市は
ホエールウォッチングや
水産業で有名だ。

今までは四国のど真ん中を
突っ切るような感じで走って
いたので気付かないとこが
あったが、

「お遍路さん」をよく見るように
なった。安芸から室戸市にはいる
までも4人ぐらい見かけた。

笠に白衣をきて杖を突きながら
この海岸線を走っていた。
自転車の移動より徒歩の方が
時間がかかるからある意味すごい。

安芸を出た時間が遅かったので
室戸岬に行く前に昼めしを食べる
ことにした。道の駅「キラメッセ室戸」
にて魚貝系の食事を食べた。

しばし休憩した後、室戸岬へ
むかい再び走り出した。

室戸岬に行くほど交通量が
減っていった。桂浜と並ぶほどの
景勝地でもバスの便も少なく、
鉄道もないので交通の便が悪い。

まあ自転車なら話はべつだが。
(あとお遍路)

そして室戸岬は灯台がたっている
高台に行くこともできる。
(↑写真の左上にその道がある。)

しかし今回は膝を痛めてしまい、
ヒルクライム厳禁なので行けません..

 四国の端っこ室戸岬に到着!

痛む膝を抱えながら何とか
室戸岬に到着した。昼過ぎ
13時頃だったはず。

岩が多く全体的にごつごつ
している岬だった。丘陵から
展望できるところもあるが

この浜の近くにも展望用の塔が
あるので登ってみてみてみる。

展望塔からみるとこんな感じ。
さらに左右を見て見ると

こんな風にやっぱり岩だらけ。

またこの浜には坂本竜馬と
共に活躍して暗殺された
「中岡慎太郎」の像が
太平洋を眺める形で建っている。

桂浜の竜馬像、慎太郎像など
四国には竜馬・幕末ファンなら
たまらないモノが多くある。

岬の海岸線を走ると..

室戸岬を観光して
キャンプ場のある海陽町へ
再び走り出す。

海岸線は広く、そして温かい。
この岬の近くの海岸線はこの
ようにごっつい岩が海岸に
多く並んでいることが多い。

北海道の寿都や襟裳岬を
思い出すような風景だった。

『夫婦岩』なんてものも
あったりする。気になったので
周りを調べて見ると

石塔があったりなど
宗教らしさを感じさせる
ものが多い。

海もめちゃくちゃ綺麗だ。

海陽町でキャンプ

しばらくこのような
海岸線を走って北へ
向かっていく。

休み休み走らないと
膝が痛くて叶わなかった。

そしてトンネルをいくつか
こえて海陽町に到着。そして
徳島県IN.

キャンプ場を見つけて
テントの準備をした。

荷物を纏めて、、
数分で、、、

ほいよ。とこんな感じ。
風邪は強くなかったので
テントの四隅に荷物を置いて
おく程度にして置いた。

オフシーズンでシャワーが
なかったので軽くなった
自転車で隣の宍喰温泉まで
はしった。

安芸→海陽町と80㎞ほどの
距離ではあったが膝の
痛みがあったので結構疲れた。

明日は
ついに終点の徳島へ到着する。
慰安旅行ももう終わりに近づく。

その7