膝を痛めて高知IN

山間の町の廃屋の隣で野宿。
3月下旬で、高知県であっても
山間は寒く、寝袋から出たくなかった。

そして目が覚めて起きようとすると
足に激痛が走った。特に膝からだった。

昨日の寒風山トンネルヒルクライムで
完全に膝を痛めてしまった。。。

幸運にもこれからは下り坂なので
大丈夫だが今日は100㎞走れるか
とても怪しいぐらい膝が痛かった。

この日はこのようなルートで
走行した。本来の計画ではこの
山中の町から室戸岬まで行く予定が、

桂浜を越えたあたりからペダルを
回すたびに痛みが走るようになり、
しかたなく安芸市で宿を取った。

まずは桂浜へ下っていく。

立つことはできるのでこの
山間の町から脱出できないという
事態にはならなかった。

いつもの様に朝食とテント撤収の
流れをしつつ高知県側へ下山を始め、
走り出した。

3月の下旬であるが高知側の
桜は4分咲きほど開いていた。

今日も天気がとても良い。
膝の痛みが無ければとても
いい高知県ライドなんだがなぁ。

路面電車と並走しながら桂浜へ

高知県というと桂浜が有名で
その綺麗さを見に行こうと膝を
さすりながら桂浜へまず向かう。

高知市に向かっていく途中に
「土佐電」を発見。高知市から
いの、安芸、奈半利まで続いている。

膝を故障した影響は大きく、
平均時速も15㎞程だった。
本来なら10時ごろに着くはずの
桂浜にも12時頃に到着。

 

黒潮ラインを並走する。
かなり気持ちい。

そして桂浜へ到着。
坂がきついので注意。

駐車場に自転車を止めて
桂浜を散策してみる。
快晴なのが本当にラッキー。

階段を上っていき

そして登り切ると!!

めちゃ綺麗ーー!
北海道の積丹とか台湾の
南シナ海を思い出す。

なによりも桂浜に植えられている
松の木や庭石がただの海岸とは
違う趣をだしている。

 

そして坂本竜馬が桂浜を
見下ろす感じで石像となって
立っている。

とても散策しがいのある
綺麗な浜だった。快晴の時が
一番ベストな気がする。

そして13時なのでお昼を
食べに行く。桂浜には食事処が
あるのでそこで食べに行く。
せっかくなので海鮮系にしよう。

注文したのは
「くじらのたたき定食」

やっぱりサイクリングは
飯の時間が一番嬉しい。さらっと
平らげて桂浜を後にする。

膝に爆弾を抱えつつ、室戸岬方面へ

コインランドリーで洗っていた
洗濯物を回収して室戸岬まで
走り出す。

しかし意外と交通量が多い上に
膝の痛みでペースはあがらない。

海岸沿いに移動するとサイクリング
ロードを見つけたのでそこを主に
走る。

しかし走るたびに膝が痛む。

坊砂林の中を越えて

そして高知県は「あったか県」と
言われる通りすでに桜が3月下旬でも
満開だった。

桜のトンネルを通る。

そして室戸岬まで行くには時間が
足りなかった。途中の安芸市で
すでに16時を迎えてしまい
日没が近かったので安芸市で寝る。

5日ぶりとなる屋根の下での
就寝をした。安芸市では
「釜あげちりめん丼」が名産らしく、
それが食べられる食堂へ行った。

食費も宿泊費も結構使った
1日だったが膝を痛めいるから
しかたない。

風呂に入ってこの日は
早めにねた。明日は室戸岬に行って、
そして徳島まで行ければいいが
たぶん行けないと思う。

距離も中途半端になってしまうので
キャンプ場などを見つけておいて
明日は「海陽町」あたりで泊まることに
した。

その6