しまなみキャンプ最高!

朝6時に起きると
靄のかかったしまなみの
島々が見えた。

「春はあけぼの
ようよう白く
成りゆく山際」

と誰かが言っていた気が
するが何となく
わかる気がした。

今日は午前中にしまなみ海道を
わたって今治に向かう。

そして今治からは寒風山という
山を越えて高知県側に行き
また野宿をする予定。

しかし今治までは
大丈夫だったものの
四国の山を甘く見ていて
酷い目に遭うのだった。

初四国IN

 

テントの結露をふき取って
乾燥させている間に
朝食をとる。

朝食を取ってしばらくしたら
テントなどの撤収を開始して、
荷造りをして出発。

靄のかかる島と橋を見ながら
今治へ向かう。

大三島から今治までの
写真はあまりないのだが、
とりあえず昼前には今治に
到着。

今治はタオルと造船で有名な町。
海岸沿いにはこんな造船のための
設備がびっしりと並んでいる。

今治側には瀬都内海国立公園という
公園があるのでそこでしばし休憩。

それにしてもこんなデカくて
70㎞も長い橋を良く建てられたな
と思う。

このしまなみ海道(西瀬戸自動車道)
以外にも瀬戸大橋、赤石海峡大橋
など本州と四国を結ぶ道路はあるが

実際に橋を渡ってみるとめちゃくちゃ
高いし、とにかくデカい。こんなのを
3つも建ててしまんだから先人たちは
すごい。

公園で一休みした後は駅方面にむかって
そのまま寒風山、石鎚山へ向かう。

造船の町だからなのか、
スクリューのオブジェがあった。

途中の道の駅でご飯を
食べた後に飲み物を
少しかって石鎚山へ
向かう。

今まではヒルクライムといっても
少し小高い丘を登るぐらいだったので
何ともなかったが
この寒風山は結構斜度がある。

道路に鳥居がかかっているのが
なんか異世界感がして好き。
ただこんなにヒルクライムは
きついものだったろうか?

この四国編は2018年の3月に
行き2017年の8月、北海道一周の
時から殆ど長距離を走らなかった。

今までの1日100㎞に加えて
この山を登ることで足を
痛めないか心配だった。

実際に上っている最中に
膝に痛みが走っていたので
少し心配していた。

山を越えていくのは無謀
だったか…?

激坂寒風山

しばらく登っていくと「黒瀬湖」という
ダム湖を見つけたり、

この道路沿いを流れる
谷川など四国の自然に触れつつ、
寒風山を登っていく。

 

車はほとんど通らない。
不気味なほど静かな山道。
そして↑の写真は平坦に見えて
結構坂道。

山間を伝っていきながら
登っていく。途中、膝に
痛みが出てきたので休憩したり、

押して歩いたりなどをして
対処をした。登坂車線があったので
やっぱりかなりの激坂。

色々疲れて
アングルがおかしくなる。
道路の青い線は
サイクリングの印。

寒風山トンネルまであと
~kmと案内してくれる。
しかし一向に距離が減らない。

それほどの激坂に加えて
次第に時間が日没に迫る。
まだ3月の後半なので17時になれば
真っ暗になってしまう。

それまでに高知県側で
山に下りられるのか?すこし
心配になった。

過去の上高地編、台湾編を
思い出しながら寒風山を
登った。

こんな誰もいないし
車もほとんど通らない
場所で動けなくなったら
ヤバいなと思いつつ、

後半は殆ど自転車を押して
登っていた。

夕方に峠に到着

日が傾き始める16時に
ようやく峠付近に到着。

ペダルを回して登ろうとすると
膝が痛くなってしまうので
殆ど押して登っていた。

寒風山開通記念の石碑。
旧道にも行けるらしいが、
夕暮れが近いのと、膝が
爆発しそうなのであきらめる。

廃バスなのか分からないけど、
山頂付近にバス停を見つけた。
しかし時刻表を見ると

始発が終電となっていた。
登る最中に民家は数件程度
あったけど使う人いるのか?

そんなこと思いながら
寒風山トンネルに到着。
地図でみた感じとても長いと
思っていたが、

!?

は?5432m!?
北海道のえりもの
「黄金トンネル」より
長いじゃないか。

時間もないので入った。
延々に続くと思われるほど
長い。膝が痛いが頑張って
ペダルを回す。

そして走ること
10分ぐらいすると

トンネル内で県境を越えて
高知県に入った。

いやー長かったーー。
この通り傾斜があるので
ペダルを回さないといけない。

寒風山ヒルクライムに時間を
予想以上に取られてしまい、
日没間近なのに寝る場所が
決まっていない。

下り坂であったのがラッキー
だった。寒風山トンネルから
下り坂で20㎞ほどすると

「吾北むささび温泉」
到着。

近くにキャンプ場もある
らしいのでこの日はこの町で
寝ることにした。

膝が犠牲に…

温泉に入ってそして
寝床のキャンプ場に移動したが
キャンプ場と思わしき場所が
暗くて分からず、

結局近くに合った廃体育館で
寝ることにした。水道もないので
あらかじめ買っておいたパンで
この日は我慢した。

飲料水で歯磨きをして
山間の町で野宿をした。

山間部なので3月末でも
とても寒い。ステラリッジテントは
密封性が高いのでテント内は
温かく保てた。

しかし膝の痛みがとても心配。
温泉にも入ったので明日の朝に
ある程度回復して欲しい。

明日は桂浜を越えて
室戸岬まで行く!予定

→その5