11月、夜明け前に出発

朝5時….
11月なのでまだ夜は空けず
まだ真っ暗だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後輪キャリアに
サイドバックその上に
テントとテントマットという
仰々しいスタイルで行く。

 

交通量が増えないうちに
できるだけ進みたいので
出発!!


 

 

 

 

 

 

見慣れた湘南の海。
7時になり夜も明ける。
西湘バイパス沿いの
道路をつたい

 

小田原、箱根の麓を目指す。
今日は第一難関の「箱根越え」が
待っている。

 

東から西へ行くとき大抵
箱根を通ることになる。

 

富士山編では箱根をさけて
小田原から富士側へ行ける
ルートを紹介したが

 

今回はそれは大廻に
なってしまうので使わない。
箱根を上り、富士市へ行く!

 

第一難関、箱根越え

 

11時ごろに麓の箱根湯本に到着。

箱根を越える道路は3つある。


1つ目は「東海道」

新しい東海道。
交通量が多め。

 

2つ目は国道1号「箱根新道」

自動車専用なので
自転車は入れない

 

3つ目は「旧東海道」

箱根新道のそばにある。
こちらは交通量すくないので、
サイクリストには
こちらをお勧めする。

 

ただし、坂はえぐい。この通り


!?

 

二枚目は上からとった写真。
ギュイーンと急カーブで
急こう配。


13kgの荷物を載せて
登れるわけなかった
\(^o^)/


外国人サイクリストも
ヒイヒイ言いながら
抜かす抜かされるを
繰り返しながら

 

箱根を上って行った。

 

 

何とか箱根を登り切った!


13時ごろようやく頂上の
芦ノ湖に到着。

 

小学校の時に
箱根に行ったとき
以来である。

 

箱根海賊船が懐かしい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食を食べていないので
先にある道の駅「箱根峠」で
食事を取る。

 

この後には
箱根ヒルダウンが待っている。

 

ヒルクライムで
暑くなっていたが

 

ヒルダウンの速度と
11月の寒さできっと
寒くなるので
着込んでおく。

 

使う道路は国道1号。東海道。
下り側は幅が広めに
とられていたので
曲がりやすかった。

 

しかし
下る際のスピードは
平均時速45kmはあった。

 

横を見たら
バイクと並走していた。
本当に着込んでいてよかった!

 

下り終わるころには
歯と顔がかなり
冷たくなっていた。

 

富士山を見ながら西へ進む

三島で一息休憩。
このとき14時。

 

順調に進んでいる
目標の富士市には
余裕に着けそうだ。

 

しかし
国道1号はバイパス地獄で
自転車進入禁止帯が多い!

 

3級国道や県道で行くが
道が複雑で
間違えやすかった。

 

特に富士市の工業地帯は
バイパスが多く
自転車が入れない
場所が多い。

 

少し迷ってどうにか
富士川まで来た。

 

16時になり
夕暮れ時。


この辺の公園で
人生3回目の野宿を
することにした。

 

水道、トイレがあるので完璧!
人から見えない
奥まった場所にテントをはる。

 

ご飯は炊き込みご飯と味噌汁。

\\ こんばんわ //

 

1日目終了。3回目の野宿

 

ご飯を作っていると
周りに猫がいっぱいた。
猫好きな私には嬉しい。

 

もふもふしようと
近づいたが
逃げられてしまった。

 

やっぱり野良と
接するにはある程度
技術が必要だな。

 

猫と接しているうちに
ご飯完成!…
が飯盒を焦がしてしまった。

 

やっちった
焦げがこべりついて
なかなかとれない!

 

とりあえず水に漬けといて
ご飯を食べる。

 

腹が減っているので
簡素なご飯でも
かなり美味しい。

 

ハンガーノックに気を付けよう

というのも
チャリで100kmは
結構な体力と
エネルギーを食う。

 

こまめに休憩したり
3回の食事以外にも
少し食べたりしないと
あっという間に

 

ハンガーノック(低血糖状態)
になり動けなく
なってしまう。

 

サイクリングは
自身の体は自転車が
支えてくれるので

 

エネルギーのほとんどを
走行に使うことができて
歩行より単位距離あたりの
エネルギー効率が大きい。

 

簡単に
数キロ進めるからと言って
休憩せず走るのは危険。

 

こまめに休憩と
カロリーの高い食事を
とるのがお勧め。

 

食事抜きの
サイクリングは自殺行為
なのでやめた方がいい。

 

(これらの理由により
ダイエットにも
サイクリングは向いている)

 

3回目の野宿であり
さらに公園には全くもって
人の気配がない。

 

ナイスな野宿スポットだ。
日記と充電、
明日のルートなどを
確認して寝袋に入る。

 

モンベルの良い寝袋は
とても暖かい。

 

しかし
まだ野宿には
慣れ切ってはおらず


何かの音がするとハッと
目が覚めてしまう。

 

緊張と闘いながら
寝れたのは22時ごろであった。

 

突然夜中に目を覚ました。

 

夜中
体中が汗ばんでることに
気づきいきなり目が覚めた。

 

暑い!!
この寝袋!


断熱性能が良すぎて
今の気温じゃむしろ
快適を通り越して
暑い!!

 

汗びっちょりだったorz
外に出て11月夜中の
涼しさで汗を吹き飛ばす。

 

前回の寝袋は甲信の気温
では寒かったが、
この寝袋は本当に
性能良すぎて

 

11月の気温では
むしろ袋内は
どんどん熱くなっていった
(誉め言葉)

 

ある意味頼もしい寝袋だが
今回はえらい目に遭った。

 

ギャッツビーで体をふいて
今度はマミー状態
(袋の中に入り、
完全に包まれた状態)

ではなく
チャックを開けて
掛け布団のようにして
寝ることにした。

 

それでも少し熱い….
思いもよらない
ハプニングを経て
次の日に備えて再度寝る。

 

 

2日目に悲劇再び
次→2日目