初日から雨

9月13日朝5:00

小雨が降っていた。。。
やはり降水確率80%だと
雨が降らないのが
奇跡である。

 

が一日延期することも
できないので、
雨天決行とした。

 

荷物にカバーをかけて
アマゾソで急きょ購入した
重いが丈夫な雨具を着て
こぎだす。

 

 

2時間後
厚木付近まで行くが
豪雨に遭い高架の下へ逃げる。

 

レーダーを見ると
真っ赤の豪雨地帯に
突入していた。

 

雨が止むまで
高架下で雨宿りをする。
弱くなったのは
1時間後であった。。

 

厚木を抜けて
相模湖方面へむかう。

 

 

 

 

 

 

 

相模湖へ向かう途中
”千と千尋の神隠し”に
でてくる油屋へ続いている
ような橋があった。(車道付き)

 

雨のせいで11時頃に
着く予定であった、
相模湖に14時に到着。
時間が押されている。。

 

 

 

 

 

 

 

 

相模湖を見て、
山に入ったことを実感した。
この時、雨はやんで小雨であった。

 

今日中に甲府まで
行く予定であったが、
ここから調べるとあと70km 。
不可能。

 

初めての野宿はどうやら
この山の中の町々、大月
あたりですることになりそうだ。

 

20号がなぜかこの日
混んでいたため、
県道を通った。

 

しかし
山道なうえ疲れていた脚では
坂道を上る気力などなかった。

 

この日、雨は自転車の
大敵だと改めて知った。。

 

初野宿を決行!

上野原市に到着。
このとき17時

 

これ以上進むのは疲れと、
これから暗くなるので
危険と判断し

 

上野原市で一夜を
明かすことになった。

 

だんだん暗くなり
焦って寝る場所を探した。

 

河川敷なども考えたが
雨が降っていた今日、
川のそばで寝るのは危険。

 

といっても
狭い山の中の町なので
野宿できそうな場所がない。。。

 

みるみる暗くなる!
まずい!と思ったとき寺があった。
数分悩みここにしよう!と決めた。

 

寺を散策していると
管理人さんがいたので
事情を話すと

 

一応テント張っても
よいと許可を得れた。

 

どうにかテントを張り
寝るところを確保できた!
それだけでもかなり安心した。

 

人がいなくなった
頃を見てテントを張る。

 

やたらと蚊が多く
数カ所刺された。
なんか今日は散々な日であった。

 

軽く夕食を済ませた。
19時になりあたりは
暗くなっていた。

 

寺には公衆トイレと
水道があったので
歯を磨いたりと
使わせてもらった。

 

夜の寺で野宿

しかし夜の寺はすごく
不気味であった。

 

なんか出そうな気もしたが
疲れている自分にはここで
寝れるだけでもありがたかった。

 

20時
特にやることもないため
軽く体を拭いた後
寝ようとした。

 

疲れていて
今すぐにでも寝たいのに
寝れない。

 

初めての野宿で
緊張している。
小雨なのでこの寺を
通る人は少ないが

 

たまに足音が
聞こえるのが怖かった。
襲われはしないか
絡まれたりはしないか

 

まだ警察に呼び掛けられる
方がマシである。

 

そんなことを考えて
足音にビクビクしていた。

 

なかなか寝付けず、
23時ごろになり辺りの
照明が幾つか消えた。

 

野宿は宿泊代0円であるが
その分のリスクもある。
セキュリティが皆無なのである。

 

キャンプ場でテントで
寝るのとは大きく違う。
それ用に管理された土地の場合、
安心してテントで寝れるが

 

今回ねている場所は
寺の敷地である。

 

本来テント張って
寝るような場所ではない。

 

さらに許可をもらいに行った際
管理人さんが

 

「今日は雨だから大丈夫だと
思うけど近くの若者がたま
にこの寺に集まるから気を付けて」

 

と言われたのが
すごく心配だった。

 

モヒカンどもが
ヒャッハー!
してこないか心配だった。

 

こう野宿すると
家のありがたみと
日本の治安に感謝した。

 

気が付いたら、寝ていた。
結局午前1時ぐらいで
あったと思う。


あした朝日を
拝めることができるのか。

 

次の日は塩尻へ向かう。
温泉はいりたいなぁぁぁぁ。

 

まさかの事態が起きました
次→2日目