7日目 山越え×2+130㎞

 

朝日と、海風の音で起きる。
カモメも鳴いていた。

 

とてもいいキャンプ場だった
(浴室は別)今日からは
台北へ戻る道のりになる。

 

台湾も半周して
残すところ600kmほどになった。
そして今日は最南端から
台東へ向かう!

南シナ海と国家公園ライド

荷物を整理して
昨日買っておい
たパンを食べる。

 

物足りないが仕方がない。
しばらく走れば町が
出てくるので、
そこで
ガッツリ食べるとしよう。

 

岬なので、朝から坂。
それなりにキツイ。
しかし、丘を登ると

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

国家公園だけあり
美しい風景が広がる。

 

国道26号をつたい
北上していく。

 

台東へ行くには
2つの山を越える必要があり
今日は結構ハードになりそう。

 

アップダウンが激しい。
丘陵風景はこのような感じ。
台湾の中でも
かなりのどかな方である。

 

 

 

 

 

 

 

国家公園を出るあたりに、
町があったので少し食事をとる。
この街を越えると第一の山に入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

店先に猫がいた

 

 

 

 

 

 

 

頼んだものは、海鮮チャーハンと

 

 

 

 

 

 

 

 

コーラだろ!

 

 

飲食店に何回も入り
「謝謝」だけじゃなく
「ごちそうさまでした」も
言いたいと思い調べておいた。

 

「謝謝你的用餐」だそうだ
(厳密には”ごちそうさま”という意味ではなく、”あなたの食事に感謝します”みたいな食事を作ってくれたことに感謝する言葉。まあ、実際のところ同じ)。

 

そして実践!
予習では上手く言えた。
(グーグル先生の音声をまねて)

 

しかし本番となると
あれ?なんて読むん
だってなったり

 

抑揚を忘れてしまい
あたふたした。
店の主人は「?」
みたいな感じであったが

 

どうにか伝わって
笑顔で「謝謝」といってくれた。

 

やっぱり
現地語がわかって
現地の人と会話できると
旅がもっと面白く
なるとおもう。

 

頑張って意思を
伝えようとすることが
外国言語の習得の
近道であり

 

海外旅の面白さであろう。

 

そして山に入る。
まだまだ暑く今日も
平均気温は25度越えである。

 

応援されながらヒルクライム

通りゆく集落
登山客から
「ジャーヨウ(加油)」
と声援を送られる。

 

「がんばれ」
という意味だ。
うれしい。

 

この嬉しいなかで
悲劇が起きてしまう。

 

なんとモンベルの良い
速乾タオルを紛失して
しまったのだ!

 

あまりにも
汗をかくので、
乾かそうと思い後ろに
括りつけておいたのだが、

 

いつの間にか
なくなっていた。

 

探すには来た道を
下る必要があり、
さすがに嫌だ。
あきらめる…

 

山を登り
峠に差し掛かる。

 

ここで小
さな商店があったので

 

コーラを購入。
「コーラ下さい」と
中国語で言えないので、

 

コーラを指さし、
一つとジェスチャーを送る。

 

すると…店主と思わしき
老婆が突然「コーラ一つだね?25元だよ」と

 

日本語で言ってきた。

 

「あなた、日本人でしょう。なんとなくわかるよ」とも言われた。

 

5日ぶりの
日本語に驚いてしまった。
ここで休憩して
いきなといわれ、

 

イスに座り飲む。
あぁぁ、ヒルクライムの
あとのコーラは
やっぱり最高だ
(上る前にも飲んだが)

 

ついでにトイレも
貸してくれた。

 

そして
「ごちそうさま」と一言いい
別れる。

 

山を下り
そして第二の山を登る。
山をのぼるとまたもや
登山客からの声援。

 

なんか東に来てから
加油率がかなり上がった。
そして、こんなのも見つけた

 

 

 

 

 

 

 

分かるだろか?
写真中央に丸っこい
毛むじゃらの奴がいます。

 

こいつサルです。
結構な数いて、
木の上を移動していた。

 

襲われはしなかった。
しかし、自然のサルを
見たのは初めてだった。

 

坂道をのぼるが
この時のペダルはまだ
トークリップだったので、
めちゃくちゃきつかった。

 

激坂はさすがに上れなかった。
そしてヒルクライムが
続いたので膝に負担がかかる。

 

今までの教訓をわすれず
休憩をキチンととる。
無事、峠を越える。

 

 

 

 

 

 

 

台東にむけて海岸線ライド

山をこえて
ここから先は海岸線となる。
最南端も綺麗だったが
こっちも綺麗だった。

 

 

 

 

 

 

 

自転車道はないが
交通量が少ないので大丈夫。
この辺はまだ整備が
完全に進んでいないので、

 

時折自転車道がきえる。
しかし、看板があるので大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

休憩して走り出して数分後。
突然バランスが取ずらくなり、
停車。なんだ?と思い調べて見る。

 

タイヤは問題なし、
リム、スポークも無事。

 

なんと、
キャリアの片方のネジが
吹っ飛んでなくなっていた。

 

キャリアがぐらぐらして、
バランスが悪くなっていた。

 

ネジを取り付ければ
大丈夫だが、問題発生。

 

なんと予備のネジを持っていない。

 

やばいぞ!荷物が運べないのは
かなりまずい。

 

ネジ一本で自転車旅が
左右されるとは…..しかし、

 

幸運にもシートポスト
にもともと付いている、
ボトル固定用のネジが
使えた。助かったぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右側にフィリピン海!

 

そしてここから70km先の
台東へ向かう。
13時だか日没に間に合うか?

 

 

崖そばの海岸線のため
道路が狭くなる。

 

台東へ近づくにつれ
次第に交通量が多くなる。

 

日暮れ後に台東に到着

暑さ、山、交通量で
台東へ着くころには
日も暮れ、18時になっていた。

 

宿をどうにか見つけ
荷物をおく。
今日はかなり疲れた。

 

130kmの上
二つヒルクライムは
さすがに疲れた。

 

しかし
台東にも夜市があるので
英気を養うために夜市へ行く。
(さきにシャワーを浴びておく。)

 

 

 

 

 

 

 

夜市から
食欲そそる匂いがする。(くっさい臭豆腐の匂いもするが)

 

どれも美味しそうに見える。
まずは一周してみて
何があるか見ておく。
そしてこんなものを発見。

 

 

 

 

 

 

 

カオナシがいた。
台東の夜市は、
高雄とくらべて
規模は小さめだが

 

このような遊び要素が多い。
クレーンの他にも
スーパーボールすくい
などもあった。

 

一周周り今日の夕食は

 

 

 

 

 

 

 

ステーキと

 

 

 

 

 

 

 

揚げ鳥と
台湾ビール(マンゴー味)を
購入。かなり満たされた。

 

こうゆうB級グルメが
毎日食べられるのは
とても嬉しい。

 

カロリ―消費が半端ない
チャリダーの腹と
エネルギーを
満たしてくれる。

 

もしかしたら
太っているかもしれない

 

あしたは花蓮(フーリアン)
に行きたいが、
190kmなので多分ムリ。

 

明日の天気が雨!!!!!
まじかぁぁぁ
次→その9