自転車旅の装備紹介 工具・用品編

装備紹介
~自転車工具・用品編~

 こんにちは、いちいです。

  サイドバックやキャリアといったオプションパーツの他にも、旅の途中で起きるメカトラブル、整備で必要な用品を紹介します。中には旅に持っていかないものもあります。工具も人によって持っていくもの、いかないもの、ブランドなど差はありますが、私のスタイルなので参考程度に。おススメがあれば是非ご紹介してください!

 

No.1:六角レンチ
必要度★★★★★
六角穴ネジの解き閉めに必要。自転車に使用されるネジは、六角穴ネジを多く使用しています。つまり、このレンチがないと自転車を分解したり、ネジをはめることが出来ません。自転車店、ホームセンター、一応100均でも売っているので、自転車を購入したら一緒に買っておきましょう
自転車、パーツによって取り付けるネジの寸法が異なることがあるので、写真のような異なるサイズの大きさのレンチが1つになったものを買うと、かさばったり、失くさずに済みます
旅中・整備において必須工具です。

 

No.2:ドライバーセット
必要度★★★★☆
六角レンチとは違う、プラス・マイナス穴ネジの解き締めに使います。前述より自転車に使われるネジは多くが六角穴ですが、ディレイラー、Vブレーキのスプリングアジャスターなど、一部プラス・マイナスネジを使っている部品もあります。それらの調整にドライバーを使用します。六角より細かい締まり調整が得意です。
分解する際などにドライバーを使うことはほとんどないです。六角レンチだけでも十分ですが、一通りのサイズを家に揃いておくと良いでしょう。長期間の旅に出る場合、写真のようなコンパクトなものを持っていくと便利です。

 

No.3: ラジオペンチ
必要度:★☆☆☆☆
とりあえず買っておいた。ペンチでワッシャーを抑えたり、ワイヤーを切る時に使用した。しかし、あまりに使う機会が少ない。一回も使わない旅もあった。世界一周ではワイヤー系の修理などに使うために持っていくが…

 

No.4:スパナ・モンキーレンチ
必要度:★★★★☆
スパナ(手前)はネジとワッシャーを締める際にとても役に立ちます。スパナ持っていないときは、レンチでワッシャーを抑えるという頭悪いやり方をしていた。
モンキーレンチ(奥)は今持っているスパナでは合わないワッシャーを締める時に使用しています。幅が調整できるので、ワッシャーだけでなく何かを強く押さえたり、回したい時にも使えます。

 

No.5:チェーンチェッカー
必要度★★☆☆☆
チェーンチェッカーとはチェーンの伸びをチェックするものです。右のほうの角みたいな突起をチェーンにはめ、左の丸みをおびた突起が入るか否かでチェーンが伸びているかを確かめます。

 

 

 チェーンは消耗品で、使用するたびに伸びていきます伸びたチェーンはスポロケットやフロントギアにはまらなくなり、変速が上手く行かないといったトラブル、果てには突然切れることもあります。切れてしまったら、交換すればよいですが、チェックすればそういったトラブルも事前に防げます

 

 

No.6:ペダルレンチ
必要度:★★★☆☆
ペダルを外す・締めるためのごっついレンチ。先端が四角くなっていてペダルを強く締めたりすることが出来る。六角レンチを使うタイプのペダル
(ビンディングペダルに多い)は使わなくても脱着が可能だが、強く締めたいときはこのレンチを使うとよいです。
ペダルを外す機会は少ないですが、飛行機輪行でペダルを外す、自分でペダルを変えたいときに使えます。しかしゴツイので重いです。

 

No.7:ネジ入れ
必要度★★★★☆
予備のネジ、輪行で外したネジなどを入れておくもの。種類、サイズに小分けにできるものがいい。ネジはとても小さいく、失くすことも多いので、こうゆうのを持っておくといい。輪行で外したパーツのネジを失くしたりすると、
現地で組み立てる時に泣きます笑。

 

No.8:パンク修理キット(パッチ、ゴムのり、タイヤレバー、紙やすり)
必要度★★★★★
多くのサイクリストが恐れる”
パンク”…1mmも満たない穴が空くだけで空気が抜け、走行不能になってしまう。そんなパンクが起きてしまったときの救世主がこのパンク修理キットです。この4つがあればチューブを修理出来ます。

タイヤレバー:一番左の赤いやつ。タイヤをリムから外す時に使います。これなしにタイヤを外すのは怪力でもない限りムリ。

ゴムのり:左から2番目のチューブに入ってるやつ。加硫接着剤であり、チューブ(ゴム)とパッチ(ゴム)を加硫反応により一体化させ、接着させる。つまり、のりです。

パッチ:左から3番目、ゴムで出来ていて、穴の開いた箇所にゴムのりで接着します。要らなくなったチューブで代用することもできます。

紙やすり:ゴムのりを塗る前にチューブをこれで擦る。ちゃんと擦らないど、接着が上手くいかない。

旅の途中でパンクすることは十分ありえるので、このセットは持っていきましょう!

 

No.9:工具入れ(まとめるもの)
必要度★★★★☆
名の通り工具を入れるためのもの。工具をバラでおくと高確率で失くします。また2つ以上の工具を1つの作業で使用することも多いので、整理しておくとイライラしません。
自転車旅は荷物が多いので、工具のみならず他の物もこのような袋にいれて、整理しておくとメンドクサイ目に遭わずに済みます

 

No.10:空気入れ(ポンプ)
必要度★★★★★
空気入れもしくはポンプ。チューブに空気を入れるためのもの。上は大型のポンプで主に家での整備用で、下は中型の旅先での整備用です。20~30cmぐらいの小型のポンプもあります

チューブの空気は少しづつ抜けて、空気圧が下がっていきます。そのときに空気入れを用いて空気圧を戻します。またはパンクした際に空気を抜き入れするので、その時に必要です。このポンプはどちらもチューブ内の空気圧を知るための、圧力計付きです。タイヤには適正空気圧があり、その空気圧まで圧力を高めます。なので、できたら空気圧計付のポンプがいいです。
(タイヤを触った時の感覚でもわからなくはないですけどね…)

チューブにバルブ(空気入れる口)には英式・米式・仏式があります。なので空気入れのバルブもそれにあったものにしなければ、空気を入れることが出来ません。私のポンプは2つとも米式・仏式のバルブを兼用してます。
旅先では中型のポンプは大活躍しました。小型より高圧までの空気を入れやすく、サイズもそこそこかさばらず、コンパクト。空気圧計まであるので整備にも使えました。そのポンプはZefal プロファイルトラベルFポンプ(税別5800円)というのです。かなり優秀です。

余談ですが、パンクの原因は釘刺しとかよりも、空気圧が少ないことによって衝撃に弱くなっていることが原因です。空気圧さえ適正に保っていればそうそうパンクは起きません

 

No.11:輪行袋
必要度★★★★★
分解した自転車を入れるための大きな袋のことを輪行袋と言います。JR・私鉄・航空各社は、電車・飛行機で自転車を運ぶ際には分解して輪行袋のような丈夫で大きな袋に完全に入れること、と明記しています。旅は順調にゆくときもあれば、そうでないこともあり、途中離脱しなければならないことがあったり、日数が限られている場合帰り道は輪行して帰る、ということもあります。そのため電車を用いて移動する場合に絶対必要になります。ゴミ袋で代用できません。(弱いので)

輪行が出来るだけで、帰り道が一日で済むので旅の行動範囲が広まります。帰らざる得ない状況になってもすぐに帰れるので輪行袋は必須です

 

No.12:エンド金具
必要度★★★★★
輪行の際にエンドとリアディレイラーを保護する金具です。エンドとはフレームの先端ことです。詳しくは「
輪行の仕方」で述べます
ホイールを外すと、エンドはフリーになります。もし輪行中に置いた衝撃や横からの圧力でエンドの幅が変わったり、変形したらシャレになりません。フレーム交換です。また、ディレイラーはエンドより下にあるので、金具なしでは置いたとき、衝撃と車体の重さがディレイラーにかかるので、壊れる原因になりかねません。
輪行の際に必須となる道具なので忘れにように。詳しくは→輪行の仕方

 

No.13:カバー類
必要度★★★★☆
 輪行の際にフレーム、各パーツなどを外傷から保護するものです。オーストリッチのカバーを私は使ってます。スプロケットを保護するものなど色々あります。専用のものでなくても、プチプチ、新聞紙、適当な布などでも代用できます。

いちいいちい

About

自転車旅が大好きな学生です。日本の色々なところや、海外にも自転車旅しに行ったりします。そこでの出来事、風景、ノウハウを紹介したいと思います。2019年には世界一周しに行きます!

You may also like...

Your email will not be published. Name and Email fields are required