東海道キョウト旅行記 4日目 到着!

4時に起床。警備員に起こされて、あまり長居するのもよくないのでさっさと退散する。風はやんでいた。11月なのでかなり寒い。とりあえず朝ご飯を食べに、近くのすき家に行く。朝飯は重要なので、朝から牛丼大盛を注文。

さて、今日は京都に到着する日である。重要な天気は晴れ!そして無風!昨日の遅れを取り戻し、京都に着くために5時には松坂を出てく。ルートは松坂→伊賀→笠置→大津川→宇治→京都である。距離は120kmほどで、最後の難関である鈴鹿山脈が待ち受けている。京都ではゲストハウスを予約しているので、そこで宿泊する。夜には京都大学にいる友人と会えるので楽しみである。

 

松坂から津までは国道23号を北上する。まだ日は上っておらず、そして11月なので自転車では風がかなり冷たい。手袋をしているので手はどうにか寒さを免れているが、顔面が寒い。耐えきれずコンビニに入り、寒さをしのぐ。コーヒーとお菓子を買い、コンビニを去る。寒い中、23号を走ると、国道163号に合流。163号を西へ行き、鈴鹿山脈を越える。途中の忍者の国、伊賀を通る。木津川を下り、京都府に入った後はそのまま京都を目指す。

鈴鹿山脈を突き抜ける国道163号こと、伊賀街道は交通量がすくなく、斜度も大きくなく進みやすい。前回の上高地に比べると全然楽である。数キロ進むと笠置トンネルというながーいトンネルがあり、そこを通る。歩道があるのでそこを歩く。
砂っぽいトンネルであり、歩道にゴミが落ちていたので歩きにくかった。トンネルを越えると、伊賀市に入る。
伊賀の国、伊賀流の忍者達の国に到着!アイエエエ!
11時頃に到着し、市街地に出たときに昼食をとった。忍者博物館に行ってみたかったが、あいにく時間がないので伊賀は飛ばす。163号線が木津まで続いているのでそのまま、163号で京都へ向かう。少し道路幅が狭いが、交通量も比較的少な目で、横に流れる木津川の眺めがキレイなのでいい道路。途中お祭り?をやっていた

伊賀から先の163号には、自動車専用新しいトンネル道路ができたらしく、自転車はかつてあった163号の道路(旧道)に行くことになる。伊賀から京都へ向かう場合、下り坂のため案内板を見過ごしてしまう可能性があるので注意。二輪車と原付は旧道、自動車は新道へ行くように案内されているので気を付けてもらいたい。下の地図で確かこの辺り。2つに国道が分かれている。
163号の風景はこんな感じ。左に木津川、右には鈴鹿の山が連なっている。夏に走るともっといいかもしれない。

大河原で休憩していると、大河原駅が無人駅だったのでホームまで行ってみる。時刻表を見ると1時間に1本であった…なんか、過疎な感じの寂れたホーム好きなんだ。よくわからないけど。
休憩後、先に進む。笠置という場所で、トンネル(歩道付き)を通り、ついに木津にでた!京都まであと30kmである。この時時刻は15時!18時には間に合いそうだ。今日は宿を予約している。さすがに京都で野宿する気はない笑。楽しみと少しの焦り、というのも友人との待ち合わせ、宿のチェックインが18時なので少し焦っている。ナンバーを見ると、京都、大阪、滋賀、いかにも関西圏に入ったという感じだ。宇治についたあたりで、疲れが来た。さすがに今日は、結構走った。3日分の疲れもあるのでちょっとスピードを落とした。しかし、時間が迫っているので休んでばかりいられない。頑張って漕ぐ。気が付くと目線が下になっていた。疲れたなぁ….よくここまでこれたなぁ、あと少しでゴールだ…と思った次の瞬間!前を向くと、ガードレールが!!まずい!

ガッシャ―――ン!!

車体が重く、トークリップペダル、幸いに低速だったので前転や、飛ばされはしなかったが、道路に転倒…ブレーキは間に合わなかった。うかつだった。疲れがたまり下を向いていたのが原因だった。とりあえず、状況を確認する。トークリップに足が入っている。しかし重い荷物を積んだ車体フレームが、右足に覆いかぶさっている。起き上がろうにも車体が重くて立ち上がれないまた、ガードレールが邪魔して、身動きが上手く取れなかった。


「大丈夫ですか!!」


親切な人が来てくれて、車体を持ち上げてくれた。助かった……….車体、装備、体の確認をする。車体には問題はない。装備はライトと速度計が吹っ飛んだが、助けてくれた人が見つけてくれた。体の方は…..右親指に大きな擦り傷、出血。両足膝に擦り剝け(膝サポーターのおかげで軽傷)。右手・右足の打撲であった。15km/hでガードレールに突っ込んだだけでこのダメージ。スピードど出していたらもっと危なかったな。助けてくれた人にお礼をいい、近くのコンビニで処置。そして長めの休憩をとった。焦りと疲れは禁物。強い疲れを感じたら、休憩を多くとろう!と教訓になった。

「京都2km」という青看板に励まされ、痛む傷を抑えてスタート!目線と周りに一層の注意を払い、そして中心地までいき、駅に向かう。そして京都駅がみえた!


おお!おおおおおおおお!やったぁぁぁぁぁぁ!ついにゴール!

横浜から400km。箱根、大雨、風、事故といろんな困難を乗り越えてようやく、到着!17:20でした。ながかったぁー
そして、宿のチェックインがあるので、中京区に向かう。まわりを見渡すと、夕焼けと京都の風景が身に染みた。

10下旬になり夕方も寒くなってくる。秋の夕暮れと京都の街並みはとてもマッチしていた。写真をとり、宿のある烏丸五条へ向かう。京都も中心地は意外と東京みたいな感じだった。イメージ的には中心も木造建築風な建物がずらり、と並んでいると思ったが違かった。宿に到着。チェックインして、荷物を置く。初めてのドミトリーハウス。二段ベットが何個か並び、まとまって寝る。キッチン、トイレ、シャワーは共用である。ホテルの様なサービスはカットされ、基本的なことは自分でやる。なので格安になっている。私はこれぐらいサービスで十分だと思った

 

整理をして、友人へ連絡をとる。京大近くのラーメン屋「にぼ次郎」で食べることになった。自転車で向かう。京大の石垣が見え、立て看板がいっぱいあった。さすが京大と思った。交差点の近くで待っていると、友人が現れた。高校卒業で2年ぶりである。にぼに行き、ラーメン(というかつけ麺)を食べながら、彼の所属する京大のサイクリング部の話や、彼の言った道など向かい話から色々聞いた。

 

明日にも会う約束をした。この友人の他にもう一人おなじ高校の同級生の友人Yがいて、明日会える。一人で行くのも気楽だが、気の合う友達と一緒に走るのも楽しいなと思った。

夜の京都を見ながら宿へ戻った

明日は自転車で京都を観光する!次→

 

いちいいちい

About

自転車旅が大好きな学生です。日本の色々なところや、海外にも自転車旅しに行ったりします。そこでの出来事、風景、ノウハウを紹介したいと思います。2019年には世界一周しに行きます!

You may also like...

Your email will not be published. Name and Email fields are required