富士山麓サイクリング 3日目 さよなら富士

ネカフェのマットの上で目を覚ました。前日のテントより寝やすかった。建物とマットがあるだけでも結構、寝心地がいい。次の旅ではキャンプ用品を良くしたい。今日は八景に戻るにあたって、当初は1日目と同じルートの予定であったが、なんかつまらないのと、あの国道は交通量的に通りたくなかったので、足柄峠を越えるルートにした。

御殿場を去る。78号を北上すると足柄山が見えてきた。ちょうどいい斜度。2日前の斜度10%三国峠よりぜんぜん良い。山道を走るとこうゆう並木風景があるので好き。

小枝などが多く落ちているが、5kgほどの荷物ならクロスバイクでもスイスイ登れた。(一部荷物は前日に宅急便で送った。)いい汗をかいて上ると、峠が見えてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足柄万葉公園では広い原っぱと、そこから臨む雲に包まれた富士山と、麓の御殿場が見えた。夏に来て大正解の場所だった。少し下ると金太郎の顔はめパネルがあった。

そういえば、足柄山といえば「足柄山の金太郎」というように金太郎がクマと相撲を取ったことで、有名な山である。(後日調べ)足柄山をダウンヒルして小田原市へ抜ける。小田原市側は整備されていて、小石や枝が少ない。いい道なのか何人かのサイクリストと出会った。

小田原市を南下し、1日目のルートに戻る。そして、午前8時に出発して、午後4時に帰宅。なんと先日送った荷物がすでに届いていた(笑)荷物をまとめシャワーをあびる。とても夏を感じた旅であった。鏡をみてかなり焼けていることに気づいた。シャワーを浴びて、ベットで横になると、3日間の疲れがドッと来るようにしたそのまま寝てしまった。(起きたのは午後10時)知らぬ間にかなり疲れていたようだった。

翌日には疲れはすっかりなくなり、晴れ晴れとした気持ちになっていた。しかし、次の日にはバイトが待っているのが少し憂鬱だ。
今回の旅では、ある程度キャンプの道具や、道選び、水の補充を学んだ。今後の旅に活かしたい。

総距離300kmほど。富士山麓は8月下旬でも比較的涼しく、走りやすい。富士の緑に囲まれてキャンプしたり、山道をサイクリングするのは本当に気持ちがよかった!神奈川・東京からも輪行を使えば比較的、行きやすいのでぜひ、夏のサイクリングと自然を楽しんでほしい。

いちいいちい

About

自転車旅が大好きな学生です。日本の色々なところや、海外にも自転車旅しに行ったりします。そこでの出来事、風景、ノウハウを紹介したいと思います。2019年には世界一周しに行きます!

You may also like...

Your email will not be published. Name and Email fields are required