台湾一周編 プロローグ

 2017年2月。大学の後期の授業は終わり、4月までの長い春休みに入った。アルバイトに精をだしてもいいのだが、3月の上旬あたりに2週間ほどの長旅に出ようと思っていた。このころから世界一周のことを考え始めていた。ルートなども色々考えたりしていたが、あまりパッとしなかった。この時はまだ、日本でも十分だろ。さすがに1年休学してまで行くこともないんじゃないかな。とも思っていた。しかし、海外での旅にはかなり興味があった。 

 

 2018年(来年)に世界一周に行くなら、今のうちに近場の海外でサイクリングでもしようかなとも思っていた。西日本をぐるっと回る計画も立てていたが、2017年(今年)の夏休みには北海道、秋休みは6日間、春休みは世界一周に行く場合はもう余裕がない。海外にも興味があり、練習やトラブルの予習もしたかったので2週間ほどの海外サイクリングにした!

東南アジア?中国?思い切ってオーストラリア?色々考えた。調べていると、ある国がヒットした「台湾」。島だし、一周1100kmほどなので2週間で収まる!さらに台湾では台湾一周サイクリングが現地の人でも有名だそうだ。台湾一周のことを現地では「環島」とかいて、「ファンダオ」というそうだ。面白そうだ!

台湾、東京から南西へ約2000km。直行便で4時間ほどで到着する。結構近い。LCC(格安航空)を使えば往復2万の飛行機代ですむ。治安もよく(もちろん油断は禁物)、物価も高すぎでもない。親日的でやさしい国民性。なによりも島中にサイクリングロードが整備されていて、ジャイアントという有名な自転車店が各地にある。海外サイクリング初心者にはもってこいの国だね。

 行き先を決めてからは忙しかった。実家に帰って、パスポートの取得に必要な書類を集めたり、必要な装備を買ったり、空輸用の段ボールをもらったり、航空券の予約や、クレカの海外キャッシング化の手続き…etc
どうにか出発1週間前には全てを何とかすることが出来た。一番悩んだのが、自転車の空輸。費用的、苦労な面を考えれば台湾で自転車をレンタルすればいいのだが、来年の予習でもあるのでここは、マイ自転車と装備を持っていくことにした。詳しい自転車の空輸の仕方は「自転車の空輸」で述べます。

 

もちろん輸送の他にも心配事はいっぱいあった。言葉、お金、宿、空港からの移動、いざとなった時の対処…思い浮かべるとキリがなかった。でも、「なんとかなるだろ!」。ちょっと無責任だけど、確かに何とかなることも多い。旅をする上では楽観的な考えを持っていた方が、達成しやすいと思う。予めネットで少し調べたりはしておいた。これから海外へ旅に行く。日本と違い、言葉やルールも違う。日本の旅とは大きく違っていて、前夜はドキドキしていた…

 台湾では一体どんな出会いと道が待っているのだろうか…!
次→その1

 

いちいいちい

About

自転車旅が大好きな学生です。日本の色々なところや、海外にも自転車旅しに行ったりします。そこでの出来事、風景、ノウハウを紹介したいと思います。2019年には世界一周しに行きます!

You may also like...

Your email will not be published. Name and Email fields are required