長い平野の先を越えていく

 

 

3日目の朝を迎える。
曇り空で小雨が
パラついていた。

 

夜に雨が降ったらしく
自転車とテントが
少し濡れてしまっていた。

 

テンションが
ちょっと下がった。

 

ウエスを用いて
テントと自転車を
拭き上げる。

 

前日の天気予報では
10時ころから晴れるらしい。
朝飯をたべて
出発準備をする。

 

今日は長万部から
八雲、七飯、北斗を通り
函館にいく。

 

今回は恵山方面にいかず
函館へ直で行くことにした。

 

距離は100kmほどで
昨日より少ない。
ドミトリーに泊まる予定。

北海道に”東京”理科大学・・?

キャンプ場を出て、
国道を目指していると

「東京理科大学 長万部キャンパス」を発見!

 

なぜこんなところに
”東京”理科大が!?

 

後で調べたら
基礎工学部はこの長万部で
一年次をすごし、
二年次以降は葛飾に戻るそうだ。

 

まったくもって謎学科である。

 


 

平地が長すぎる!

東京理科大学の突然の
出現に驚きながら、
国道に行く。

 

今日は国道5号を
南下していく。

 

平原が続く。
平らで、路側が
広いので漕ぎやすい。

 

ペダルをこぐ、
ペダルをこぐ、
ペダルを……


余りにも風景が
変わらないので
少し飽きが来ていた。

 

そしてなんと
八雲まで一回も信号に
捕まらなかった!

 

30kmも
捕まらないなんて
本州では絶対あり得ない。

 

さすが北海道!
信号によるロスがないので、
効率よく走行に時間を
費やせたのだ。

 

左には
太平洋と函館本線があるが
大部分は草地であり
変わらない風景であった。


森町の道の駅で
昼ご飯を食べる。
唐揚げ定食大盛である。

 

50km走っただけでも
かなり腹が減る。
カロリーは多くとりたい。

 

最近の食べ物は
カロリーオフだの
ハーフだの自転車乗り
からしてみれば

 

むしろカロリーなんで
減らすの?という感じ。

 

摂取した
分のカロリーは
使ってしまってばいい。

 

この昼飯でも
まだ少し足りない。
少し休んだ後
再度走り出す。

 

森町をでて10km
大沼と小沼に到着。
写真は国道からみれる小沼。


小沼から
函館へ行くには
日暮山などからなる
山を越えなければならない。

 

一部の道が
工事中のうえ
交通量が多く
怖い思いをした。


函館に入り、交通量が増える。

この小沼を越えると
函館まではあと20kmほど。

 

交通量が多いが
道路が広めなので
走りやすい。

 

信号も多くなり
前半の様な快走劇
もなくなる。

 

草地ばっかりで
なにもなかった
前半と比べ

 

数キロ走れば
コンビニがあり
様々な種類の店が現れる。


並木道を通り
どんどん進む。

 

途中
100均があったので
備品と食料を購入。

 

函館より西
渡島(おしま)半島西部は
海食崖が連なり
平坦な場所がすくなく

 

町も少ししかない。
装備、備品を確認して調達。

 

七飯町には15時ごろに到着。
16時前には
函館、五稜郭駅には着いた。

 

ラッキーピエロと五稜郭へ

今回とまるドミトリーは
五稜郭の近くにあるので、

 

移動。
オーナーさんと出会い
自転車をとめて
荷物を中に入れた。

 

1800円で一泊。
予約サイトから
予約してしまい
少し高め。

 

電話にしとけばよかった。
2日ぶりのベット!

 

夕食は函館で有名な
「ラッキーピエロ」という
バーガーショップで食べる。

 

※深夜閲覧注意

 

 


味はもちろん
凶悪なカロリーにより満足。
明日も元気に走れそうだ!

 

 

夜の五稜郭を見ながら帰る。
函館山までは遠いのと
二輪車は山に登れない等の
理由によりカット。

 

日本三大夜景を
見ておきたかったが
また来た時の心残り
にしておく。

 

五稜郭タワー

 

五稜郭の周りは
ランニングコースに
なっており

 

夜でも走っている人が
多かった。

 

2日前とは全く
異なる都会の風景。
夜になっても明るく
車の音、人の声が聞こえる。

 

こうゆう
都会の喧騒も悪くない。
何もない所から
何でもある場所にいく

 

ありがたみを感じた。
それと同時に格差も感じた。

 

余談であるが、
マンホールには
五稜郭が印されていた。

宿に戻ると何やら・・・?

宿に戻ると
外国人のバックパッカーの
男女ペアがいた。

 

恋人で
バックパッカーかー。
彼氏の方とは
同じ部屋だった。

 

台湾のゲストハウスでも
男女恋人の
バックパッカーペアを
何組か見た。

 

こうゆう恋人と一緒での
旅は日本ではあまり見ない。

 

女の子の旅人が
少ない(かもしれない)上に

 

恋人同士だと「旅」でなく
「旅行」「観光」になりやすい。

 

安い宿や体力のいる旅に
来てくれる女の子も
結構アクティブな方であろう。

 

私も一緒に自転車旅
してくれるアグレッシブな
彼女がほしいな(笑) 

 

バックパッカーというと
背中に大荷物をしょい込んで
いろいろな場所を
旅する人たちのことだ。

 

チャリダーと違い
公共交通機関を利用する。

 

でも
旅行スタイルの中では
安い方なのでドミトリー
といった安い宿泊場で
一緒になることが多い。

 

下に降りると
シャワールームが
空いたので使おうとした。

 

すると、
バックパッカーの彼が
困惑した顔でリビングにいた。

 

オーナーに
何か言いたそうな感じだった。

 

彼がオーナーに英語で
話しかけていたが
オーナーが解していない。

 

「How much this towel? I want to pay for this towel.」

お!なんとか聞き取れた!
どうやらドミトリーの
タオルの値段を
聞いているそうだ。

 

しかし
オーナーは分かっていない
らしくなにやら洗濯機に方を
指さしていた。

 

私がオーナーに
彼の言いたいことを伝える。
タダなので大丈夫と
言ってたので、彼にも伝える。


すると
彼は
「I see OK. And..where should I put this?」

 

オーナーに伝えて
洗濯機を指していたので

「you just put it to washing machine.」と伝える。

 

彼は私が英語が
使えると思って
話しかけてきてくれた。
ちょっと緊張する。

 

英語の読み書きは得意だが
聞き話すはまだまだなので
しっかり伝わるか緊張してしまう。

 

どこからきたのか?とか
どこの国?など軽く聞いた。

 

ニュージーランドだそうだ。
話の展開に
詰まってしまったので、

 

「I will go to bathroom, thank you.」といった。

 

風呂に行くが
go to bathroom で
いいのか悩んだが、
まあ大丈夫だろう。

 

シャワーをあびて
ベットに戻る。
彼女がいて
私に軽く手を振ってくれた。

 

外国の人は
積極的なので楽しい。
私の英語がペラペラなら
もっといいのになあ…

 

勇気を出して
話しかけるのが
一番の上達であろう。

 

明日のルートと
天気を確認…..雨!?
怒りが込み上げてきた。

 

過去の
雨の惨劇から最近


雨の日に対して
怒りがこみあげて
来てしょうがない。

 

午前中は曇り時々晴れ
午後は曇りもしくは
晴れだそうだ。

 

局所的な雨なので
しっかり防水装備をして
雨宿りを何回かすれば
大丈夫であろう。

 

明日からは
渡島半島の折り返しと
半島の中でも秘境の
松前側へ行く。

 

明日の雨に
不安を覚えながら眠る。。。。
次→その4