北海道一周編その4 雨を凌いで

 ベットの寝心地がよすぎて6時に起きてしまう。雨が降るから早く起きて出発しようとしたのに!外を確認したが、まだ雨は降っていないようだ。荷物を運び、自転車に取り付ける。私のサイドバックは、モンベルのドライサドルバックというもので、かなり高い防水能を持っているので、カバーをかけなくてもよい。ただし開口はきちんと閉めないと駄目であるが。テント、マット、衣服入れは防水でないので、ゴミ袋+レインカバーで防御する。過去の惨劇を繰り返してはいけない。

 今日のルートは函館から、松前。松前藩がおかれ北海道開拓の一歩目となった場所である。しかし、今日の天気は残念ながら曇り時々雨…雨の降らないうちに距離を稼いでおきたい。朝ご飯を食べて、8時に函館をでた。雨による足止めを食らうと思われるので、今日は松前より手前の町で寝ることになるかもしれない。

 しかし、松前までに目立ったキャンプ場がなく、野宿になるであろう。夜も雨の心配があるので、バス停に泊まる予定。北海道のバス停、待合所は雪をしのぐため、壁と屋根があり小屋になっている。24時間開放されていて、夜には電気がつくところもある。トイレ付の大きく整った待合所もあれば、簡易な小さい待合所もある。しかし、野宿には屋根と壁があるだけで、大きな味方だ!ただし、バス停での野宿は終電と始発に気を配ること本来の目的はバスの待合場所であり、寝るための場所でない。バス利用者とバス運転手に十分配慮して、終電以降に寝て、始発前には去るようにしよう。

 函館をでて北斗市に向かう。北には函館北斗駅という新幹線駅がある。北海道の新幹線開業は昨年2016年であり最近である。一応輪行して行けるようにはなったが、フェリー(もしくは飛行機)があるうえ、札幌までまだ伸びていないので、場所、コスト的に何か微妙である。

 西に行くほど次第に山が目立ち、交通量も都市部より少なくなってきた。9時半、茂辺地に到着したころ雨がパラついてきた。と、思ったらどんどん強くなり、土砂降りになる!バックパックのカバーを急いでかける!まずい!どこかに雨宿りできるバス停とかないかな?と思ったら、近くに漁港公園の東屋を発見!避難して雨を過ごす。雨雲レーダーを見ると、真っ赤。滝のように降る。。

約20分後、雨が弱くなり小雨になったので出発。しかし、レーダーを見る限り違う雨雲(赤)が近づいてくる。。。!雲と雨の様子を見ながら、レーダーの予想到達時刻をみて移動する。茂辺地から10kmほど、釜谷でまた雨が強くなってきた。今回は無人駅舎に避難。自転車も入れてもらう。

釜谷駅


 簡易委託駅であり、委託された住民が切符を売っているそうだ。内装がキレイにデコレーションされていて、無人駅とは思えない心地だった。駅ノートというのがあり、せっかくなので雨宿りさせてもらったことを記す。雨が弱くなったと思ったら、急に強く降りだしたりするので、油断ならない。疲れているのか、うとうとして少し寝てた。なかなか雨が止まず40分近く待たった。

雨宿りを繰り返し、時間を食う。12時ごろに木古内に到着!新幹線停車駅であり、道南いさりび鉄道(旧江差線)の終点である。小さい町に突如大きな駅舎が立つ。

 雨もつよく、腹も減っていたので道の駅「みそぎの郷きこない」で昼食兼雨宿りをする。渡島西部にはいり、海食崖の浜に作られた海岸線とたまに現れる小さな漁村から、一気に大きな建物と色々な業種の店が現れた。新幹線があるだけで、こんなに町が変わるのか。もちろん釜谷や茂辺地にも鉄道やバスはあるけど木古内に比べれば、町の様子も大きく違っていた。

雨はやんだが、まだ曇り空。木古内を後にして先へ進む。木古内、知内へと進む。知内から福島町まではアップダウンが続く。北海道新幹線と並走しているが、線路や高架は見当たらない。基本地下トンネルか。この辺は山ばっかりなので結構お金もかかったであろう。


途中、蛇ちゃんにであう。かなりビビった。道路にたまに落ちている紐か何かと思ったら、蛇ちゃんだった。私は蛇は嫌いである。できるだけ遭いたくはない。。周りは深い山なので仕方ないか。アップダウンがつづくが、下り坂は風が出てカッパとカバーが乾いてくれるので助かる。次第に晴れ間がでて、福島町に着いた頃は16時であった。やっぱり雨宿りで時間を食った。今日は松前まで行くのを辞めよう。雨なので距離が稼げるとも思っていなかったので福島あたりで泊まることにした。


木古内→福島の道中はこんなかんじ

 福島町で寝ようかと思ったが、銭湯がない。さすがに風呂には入りたい。福島の道の駅「横綱の里ふくしま」の近くにあったバス停で寝ようかと思っていた。このバス停は24時間利用可能な上、トイレまでついている神待合所だった。5kmほど先の吉岡という町に銭湯があると道の駅の店員さんに聞いたので、吉岡に待合所があると信じて行くことにした。ちなみに、福島町は横綱41代、千代の山雅信と58代、千代の富士貢の出身地だそうだ。近くに千代の富士記念館がある。

吉岡に到着して中心地に着いた時、トイレが横に併設されている広いバス停を発見。今夜はここにしよう。市街地から山の方へいくと、温泉があった。しかし、温泉に向かうわずか5分の間にゲリラ豪雨に降られ、せっかく乾いたカッパとカバーが濡れてしまった…やはり雨は許せない!自転車を駐輪して、衣服入れを取るためにカバーを外していると、移動式の焼き鳥屋のおっちゃんが話しかけて来てくれた。大抵こうゆう時は一言目は「どこから来たの?」である。横浜からですといい、次の目的地や、学生なのか、とか色々話が広がる。一人旅なので、話ができると嬉しい。するとおっちゃんが閉店で余ったやきとりを私にくれた!
腹が少し足されて、温泉へ。体を洗い、湯船に浸かる。やっぱりこの瞬間の快感は最高だ。。今日は距離は80kmほどだけど雨で体が冷えたのと、上りでかいた汗でべっとりしていたので、かなりサッパリした。(カッパを着ていると蒸れる)休憩所でのんびりする。テレビを見て明日の天気を確認すると、
晴れだ!やった!

 温泉を後にして寝床のバス停へ移動する。最終便が残っていたので、そのバスが過ぎるまで荷物は広げないようにした。次の日の朝の始発は6時半。5時に起きれば大丈夫だ。バスが来て、運転手に乗らないことをジェスチャーで伝え、バスが去って言った。夕食は買っておいたカップラーメン。バス停の外でお湯を沸かす。が….風が強く、灯油が気化せず赤い炎ばかり出る。防風に徹してどうにか沸かせる感じになった。しかし、灯油はなかなか青い炎を出してくれず、クッカーが煤だらけになってしまった(3回目)近くにトイレの水道があったのは助かった。一応洗剤を使ってこすれば、落ちるので水道さえあれば大丈夫。カップラーメンを食べて歯を磨く。今日は雨の中、濡れた路面を走ったので自転車が汚れている。もってきたウエスでフレームを拭き、自動チェーンクリーン(がらがら回す奴)を用いてチェーンの汚れを落とす。(参考までに→自転車の整備・旅先での整備)

バス停の椅子に横になる。バス停で寝るなんてこれから先の人生にあるだろうか(笑) 小屋になっているので、暖かくまた雨の心配もいらない。テントだと浸水や結露、染みたり、乾燥させないといけないので、雨の日はキャンプしたくはない。今後の旅路でも、こうゆう小屋になっているバス停があるので、テント野宿だけでなく、バス停野宿もできそうだ。雨がしのげるというのは結構おおきい。電気は自動点灯で、夜中はずっと灯いているようだ。アイマスクをして寝た。

次→その5

いちいいちい

About

自転車旅が大好きな学生です。日本の色々なところや、海外にも自転車旅しに行ったりします。そこでの出来事、風景、ノウハウを紹介したいと思います。2019年には世界一周しに行きます!

You may also like...

Your email will not be published. Name and Email fields are required