北海道一周編 その12 大自然

布団は心地よかった。寝袋と違って手足を広げられる。3日ぶりの布団でダラダラしているといつの間にか7時になってしまった。最北端から早くも3日が過ぎた。これからは道北から道東へ移っていく。

 

この日は網走から羅臼町まで移動して、キャンプをする予定だった。しかし、この日の天気予報で北海道に台風が近づいているとのことだった。雨ならば宿にもう一泊して観光でもしようかと思ったが、雨は降っていなかった。降水確率も下がっていたし、晴れ間も見えていたので、移動することにした。

 

ただ雨は降っていないが、風は強い。出発が朝9時で、夕方に知床横断道路(ヒグマの出没で有名)を渡るのは危ないので、今日は麓のウトロまで行くことにした。

 

朝ご飯を食べて、まずは斜里という町まで行く。道の風景が変わって、田畑の中を突っ切る道だった。多かった車はまたどこかに消えていき、交通量が少なくなった。

あっという間に斜里町に到着。斜里本町の道の駅で食事を取る。

やばそうな雲の方向へ…

 

街から数キロ走ると知床半島に入る。知床は風が強いと聞いていたが、確かに強い
(台風のせいもあるけど)

強い横風。向かい風よりましだが、進みずらい。左にオホーツク、右には世界遺産の知床の原生林が広がっている。世界遺産だからなのか、外国人サイクリスト集団と何組かすれ違った。

 

半島沿いのうねうねした道路を沿っていく。数時間こぐと、オシンコシンの滝というスポットに着いた。日本の滝100選にも選ばれている有名な滝。

自転車を停めて、滝を見に行ってみる。観光客が多い!

調べていたのとちょっと違う。本来は写真の左側からも水が大量に流れている。夏だと雪解けがないから、水がすくないのか。しかし、知床の自然を感じることが出来た。オシンコシンの滝の近くには知床の観光ショップがある。トイレもあるので休憩しておく。北海道ではトイレがあったら尿意が無くても行くのが鉄則!

 

オシンコシンの滝の先にはオシンコシントンネルがある。さらに超えてゆく。知床ウトロに着いたのは午後4時。ちょうどよい。国営キャンプ場「国立知床野営場」へ向かう。ウトロは知床観光の拠点の町。クルーズ、ホテル、温泉、キャンプ場、セコマと色々揃っている。

 

キャンプ場に行くには、高台に登る必要があるので少し頑張る。そして到着。広葉樹に囲まれたとても風情のあるキャンプ場。

サイト料を支払って、どこに設営しようかうろうろしていた時だった。

うお!

キャンプ場の中にエゾ鹿がいる!さすが知床だ!

 

結構大きくたくましかった。時々聞こえる「ピィー」という鳴き声も鹿なのだろうか?しかし近づこうとすると逃げていく。鹿がでるから熊が出ないか少し心配。

 

テントを張る。午後5時になる。日も短くなった気がした、もう日の入りの感じがした。風呂へ行く準備をしていると、同い年ぐらいの男性が話しかけてきた。同じチャリダーだった。数日前、羅臼から来ていて明日の知床のクルーズツアーに参加するためにしばらく泊まっているとのこと。ハセ君というそうだ。やはり同い年だった。久々に同い年で話しやすい人に会えた!彼も風呂にいくようだったので、せっかくなので一緒に入ることにした。

 

 稚内でもおっさん達と入浴したが、同い年との方が色々と話しやすい。体をささっと洗う。露天風呂へ向かう。ハセ君とどこから来たのかとか、どこへ行くのかなどなど色々話した。一人で旅しているときに人に会えて(さらに同い年)、話して交流するのは旅の醍醐味だとおもう。同い年だとこれから先(未来)どうしようーとかいう話が出来るのが、おっさん達と結構異なる所。

同世代だとネタとかも通じるし、これからどうしていくの?とか、どうして自転車を始めたのとか、とにかく気軽に聞けて、話せるのが大きい。風呂を入り終えてキャンプ場へ戻る。夕食を一緒に作る。私はパスタと缶詰。ハセ君はなんと、豚肉を焼いていた!それとパスタ。やっぱりパスタは茹でるだけだから作りやすいよね(笑)

 

 食器を洗って、歯を磨いてテントに戻る。また明日と、いったん個別のテントで床につく。遠くから動物の鳴き声がする。風の音もかなり心地よい。今まで泊まった北海道のキャンプ場でかなり良い方のキャンプ場だと思った。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

7時に起床。この日はついに知床横断道路を渡って羅臼へ向かう。ハセ君はクルーズツアーに参加するため今日でお別れ。昨日会ったばかりだが、いい友達が出来た。一緒に朝食を食べて、連絡先を交換。また会えるといいな。

台風はこっちに来ることもなく、アリューシャンの方へ消え去った。風は強めだが、天気は悪くない。

横断道路はウトロから少し離れているのでしばし走る。

外国人観光客も多いので、電光掲示も英語表記が出る。(最近はどこでもそうなのか?)
そして横断道路の入り口。写真上部に先の道がある、見る限りえげつない斜度と予想。

そして、この警告看板。忘れてはいけない。ここはヒグマの有名な生息地である。
一周の中で一番緊張している。事実、数日前にもヒグマが目撃されていた。
自転車はエンジン音がないから、ベルを鳴らしていくことにした。

ヒルクライム開始!

斜度は3~5%ぐらいかな?意外とスイスイ行けた気がする。ビンディング先生のお陰もあるけど。さっきの電光板の写真上部の道路から撮った写真。ウトロ町が見える。

車はちょくちょく通る。いざという時はその車に避難させてもらうしかない。

知床自然センターを過ぎると、林道に入る。

熊が来れないように大きな柵があるわけでもない。
緊張が走るが、美しい自然の中走るのは気分がいい。

どんどん登っていく。

この木はブナ?

上に登るにつれて、開けてくる。

頂上付近は曇っていまっていて、羅臼岳がよく見えない。残念。

熊におびえ、曇りの上、強風で寒かったがなんとか登頂!

ウトロ側は曇っていたが、羅臼側は晴れている。先に見えるのは北方領土の国後島。

峠の石碑のある、展望台にはトイレがあるのでしばし休憩。寒いので早く下りて、途中の熊の湯という温泉に入ろう!

勾配がウトロ側よりやばそうな。


しかし、植生が豊かな森だ。これが世界遺産の森… 

しかし、下りは上りより神経を使った。カーブが多くて、スピードが出るのもそうだが、曲がった先に熊にがいて、こんにちは!ってなることもある。ベルを鳴らしつつ、スピードを出しすぎないようにしながら、下って行った。

温泉に到着!心配していた熊には遭わなかった!

湯船の方は人が多かったので影れなかった。小さな駐車場に自転車を停めて、温泉に向かう。
この道の先にある。

羅臼川

温泉は男湯、女湯と仕切りで分けられている。昔は男湯しかなかったとか。脱衣所にはマナーや守るべきことが書かれている。地元の人が管理している。入浴は無料だが、クオリティが高いのは管理している人達のお陰。

脱衣して、体を洗うが….激熱である。地元の人と思わしき人たちは普通にお湯につかっている。ヒルダウンで冷えた体はすぐに温まった。しかし、知床の自然の露天風呂とは、なんと贅沢な!!

 

温まったあと、着替えて駐車場へ戻る。昼飯を食べに羅臼町へ降りる。親から羅臼昆布のお使いを頼まれていたので、郵便局でお金をおろす。道の駅 知床・らうす でご飯を食べる。鹿肉カレーを食す。 

鹿肉カレー。臭みはほとんどない。

 昼食を終えて、直売所へ向かう。頼まれていた昆布を買いに行く。一等昆布がいいと頼まれていたが、時期がはやく三等しかないという。親につたえて三等昆布を2パックほど購入した。積丹同様、ヤマトに送ってもらった。(後日、無事に届いた。三等でもめちゃくちゃ上手い出汁がとれたと言っていた。しばらく実家の味噌汁だけは高級味噌汁になっていたそうだ笑)

午後2時になり、根室方面へ出発した。今日は標津というとこまで行けそうだ。


国後島を横目に進んでゆく。晴れ間も広がった。


標津に近づくと、先に野付半島が見えてきた

午後4時には標津に着いた。ちなみに標津は「しべつ」とよむ。わかるまで「ひょうつ」と読んでいた。銭湯があったので、本日2度目の風呂へ。寝床を探していたす。キャンプ場があったが、サイト料が高い。探すために先に進む。

しかし、見つからない。気づくと950号線との分岐まで来ていた。この先は野付半島という場所。人も来ないし、野宿できそうな場所があったので、進んだ。

上の地図の様な地形である。野付半島は日本最大級の「砂嘴(さし)」である。海流によって、一部に砂が堆積してできた地形の事。ここ野付半島はラムサール条約にも登録されている自然豊かな湿地でもある。海を挟んだ道路の幅が数十mしかないところもある。

 

ところどころ民家がある。

干潟がひろがり、美しい。もっと先に行くと花畑になるそうだ。
そのことから、この950号線は「フラワーロード」とも呼ばれている。

幅数メートルしかない。右側が野付湾、左がオホーツク

しばらく進むと簡易駐車場と東屋を発見。今日はここで寝よう。

国後島

まだまだ先につづくが、今日はここまでしておく。


暗くなる前に夕食を食べる。今日の夕食は「ジンギスカンと野菜炒めまぜまぜパスタ」
<作り方>
材料は全部セコマで調達可能
・冷凍ジンギスカンパック(タレ漬け)1人前
・1人前カット野菜パック
・パスタ1人前

 

1.パスタを茹でる。このときジンギスカンを解凍しておく
2.パスタの湯を切って置いておく。そしてジンギスカンをタレごと炒める。
3.肉の赤みが無くなったら、野菜を投入する。このときタレをよく絡める。
4.野菜がしなったら、パスタを入れる。
この時ゆで汁を少し入れると、野菜と肉、タレがパスタとよく絡む。

完成!

味付けはジンギスカンパックのタレで済むので作りやすい。

 

絶景の中で食べ、疲れ腹のすいた体によく染みた。水道がないので、持ち前の水を上手に使いながら洗った。夕食を食べてからあっという間に暗くなる。さみしくなるような、サイハテ感あふれるこの場所から、標津町の明かりが見えた。

波音を聞きながら、風に吹かれ、夕日をみた。最高の野宿スポットだ。
街灯もなく真っ暗になる。星も綺麗だった。歯を磨いてテントへ入る。明日以降の計画を練った。実はこの時、根室に行くかどうか悩んでいた。8日ほど先に配属される研究室でミーティングがあるのだ。教授にはあらかじめこのことは伝えたので、Skypeでミーティングすることにしていた。しかし、このまま根室へ行くとすると8日後はミーティングの時間には、苫小牧→仙台の洋上にいる可能性、もしくは下船間もなくであたふたしている時にミーティングになってしまう可能性があった。もうすこし北海道に滞在して、道内でミーティングを受けられるようにしてもいいのだが、そうすると学校が始まってしまうし…..

 

色々な止んで、結局今回は根室に行かないことにした。また今度の北海道走るときに行くことにした。(今回は外周だったので、今度は道内を横に突っ切るようにする)

 

明日は根室の先に行く予定であった、釧路へ向かう!

その13

いちいいちい

About

自転車旅が大好きな学生です。日本の色々なところや、海外にも自転車旅しに行ったりします。そこでの出来事、風景、ノウハウを紹介したいと思います。2019年には世界一周しに行きます!

You may also like...

Your email will not be published. Name and Email fields are required