最北端は寒くそしてサイハテ感が満載

夜の想像以上
の冷え込みと
満点の星空から一夜明けた。

今日は
一番楽しみにしていた日
日本最北端の町
稚内へ行く日である。

 

稚内に行くのみではなく
天塩(てしお)から
稚内間には

 

オロロンラインの
中でも一番うつくしく
ライダー、チャリダーにも
人気の道道106号線がある。

 

70kmものあいだ
コンビニ一軒すらないが
湿原を真っすぐ突っ切る
道路である。

 

とにかく
今日は北海道一周の
なかでも一番楽しみに
していた日である。

 

しかし
羽幌から稚内までは
130kmはあるので
朝4時半にはおきて
5時に出発した。

 

この記事では
羽幌→稚内→浜頓別の
2日分をお伝えします。
ルートは以下の通り。

 

青:羽幌→天塩(1日目)
ピンク:オロロンライン(1日目)
緑:稚内→浜頓別(2日目)

もう冬が来そうな雰囲気の中、出発

4時半に起きたが
結構寒い。8月31日

 

本州ではまだまだ
暑さはつづき残暑が
始まるころであるが

 

羽幌では
10度ぐらいの寒さであり
冬を感じた。

 

念のために
持ってきていた
ジャケットと厚手の
ズボンを着て

 

寒さを耐えた。
寝袋はマミー状にしたら
丁度いい温度だった。

 

寝袋では長袖、
ズボンだと暑いので
半袖・短パンで寝ていた。

 

そのため
寝袋から出た時は
メチャクチャ寒かった。

 

朝ご飯の
カップラーメンを食べて
出発する。

 

太陽が昇るにつれて
次第に暖かくなる。
羽幌からまず

 

オロロンラインの
入り口である天塩町へ向かう。

 

海岸線であるが、
アップダウンが激しい。

20km先の初山別村。
天文台がある。

道の駅
「ロマン街道 しょさんべつ」の
トイレは24時間
開放されている。しばし休憩

 

20km/130km 最北端はまだまだ先。

うお!… 激しいアップダウンだ

アップダウンは
半端じゃないが
一度のぼるとこのような
海岸線がずっと先までつづく。

道南の海岸線と違い、
崖際の海岸線ではなく、
平地もしくは
丘陵の海岸線なので、

 

開放的な感じがする。
(下写真が道南エリアの海岸線)

交通量がかなり少ない。
札幌とかにいた
大量の車はどこに
行ってしまったのだろうか。

羽幌線の跡があった。
かつては天塩までは
羽幌線という列車が
通っていたそうだ。

 

海産物や資源の輸送で
栄えた鉄道は廃止され、
このように残されている。

 

江差線も見てきたが、
廃線となった線路から
はなにか哀愁を感じる。

まだまだ進む。
平坦に見えるが、
実は登坂。

 

微坂と呼んでいるが、
平坦に見えるのに
スピードが出ないので
少しメンタルにくる。

60kmの道を経て、
昼には天塩に到着。

 

食堂でご飯を食べ
70kmの道に備える。


セイコーマートも
あったので、
補給食を買っておいた。

 

オロロンラインに行く場合
天塩町のセコマが
最後のコンビニなる!

 

オロロンラインは
自販機もないので
補給に注意!

 


そして、オロロンライン
道道106号へ!!

街をはずれ、海岸方面へ行く。

 

そして天塩川を渡ると…

この地平線!

少し進むと、風車がある。
106号は海からの横風が
強いので注意

 

平坦で真っすぐなので、
スピードをだす。

滅多にしない
アウタートップで
全力でこぐ!!

 


晴れなので
利尻富士が見える

 

風車

 

北緯45度のオブジェだそうだ

 

アウターXトップで、
ガンガン進むぞ!うっひょーーー


利尻富士を横目に

オロロンラインは
想像以上綺麗な道だった。

 

いままで
走った道ベスト1に
輝ける。

 

スピードも
時速40kmは出せた。
ライダーも多い。

 

追い越しざまに
手を振ってくれる。

 

こちらもバックミラーで
見れるように手を振る。

 

この時エンジンで
走るのもいいと思った。

 

でも
自転車で自力で
汗を流して走るのも
悪くはない。

 

でもやっぱり
ライダー、チャリダー
問わず、良い道は良い道。

 

結局は通る道が
大事なのであろう。

 

途中、ヨーロッパ系の人が
徒歩(競歩?)で
オロロンラインを渡っていた。

まだまだ続く。
そして稚内市に突入!
40kmを1時間半で突っ切れた!

少し雲が多くなっている

レーダーを見ると、
利尻の方から
トンデモナイ雨雲が
稚内方面へ向かっている。

 

速度が自転車と
同じぐらいなので、
もしかしたら
ばったり出会って

 

降られるかもしれない。

休憩所が突如現れ、休憩。
ここはコンビニどころか、
人工トイレも
ほとんど無いので

 

休憩所があったら
行く気が無くても
膀胱はカラにして
おいた方が無難。

しかし、
余りにも長く、
似た風景がつづくと正直
飽きが来る。

 

ちょっと休憩したり
自転車を停めて
眺めてみると
いいかもしれない。

 

また
フロントバックなど
手の届くところに
スナックを置いておき

 

5kmごとに食べたりすると、
腹が極度にすいたり、
飽きが来るのを防げる。


今まで来た道(右側に雨雲)

 

雨雲が接近する中、
稚内まで20km以下となる。

 

抜海を経て
この丘陵を越えると稚内!

西浜、坂の下という、
稚内まで3kmほどの
町に着く。

 

ここから北(254)
に行くと、ノシャップ岬、

 

そのまま(106)丘陵を
こえると稚内へ直接行ける。
今回はノシャップ岬にはいかず
そのまま稚内へ行く。

 

稚内では
ライダーハウス
「みどり湯」に泊まる。

丘陵を越えよう
としたときに、
あの雨雲に追い付かれ
雨が降りだす!

 

それもかなりの豪雨!
急いでバス停へ避難。

 

北海道のバス停は
小屋になっているので
助かる。

 

晴れた空が
一気に暗くなり
豪雨が降り注ぐ。
ゲリラ豪雨ってやつか(私は予測していたが)

 

 

あまりの道の綺麗さに
興奮して全力で
走っていたので
雨が止むまで昼寝する。

 

 

 

雨がやみ、
最後の坂をこえて
みどり湯に到着。

 

チェックインする。
車庫に自転車を
いれたときバイクが
ほとんどであった。

 

荷物をまとめ、
寝床に置いておく。
「みどり湯」は名の
通り銭湯でもある。

 

銭湯を兼ねた
ライダーハウス
ゲストハウスになっている。

 

銭湯へ行き脱衣所にて
同じ宿のライダーの人と話す。
彼らもついさっき
みどり湯についたそうだ。

 

同じくオロロンラインを
通っており、その道の話や、
出身地、そして競歩の
外国人など色々話した。

 

脱衣所に戻り体を休める。
休んでいると、同じ宿の人が
コーヒー牛乳を奢ってくれた!
ありがたい。

 

一日130km走り
激熱のお湯で体を
ほぐした後には
牛乳が一番である。

 

そして同じ宿の人と
数人と一緒に、

 

夕ご飯へいくことになった。
「雑魚や」という
稚内の居酒屋へ、食べに行く。

 

お酒を呑み、
肴をつまみながら、

 

旅、人生、夢、
良かったこと、
嫌だったこと、
大変だったこと、

 

下ネタ….などなど話す。
ライダーであり、

 

年の差もあり
ついていけない話も
あったが、

 

旅先で
ついさっきあった
ばかりなのに、
このように話を
するのは楽しかった。

 

 

みどり湯では
午後9時になると
宿泊者全員が集まり、
自己紹介や宴会をする。

 

そのため9時に
いったん宿に戻る。
居酒屋で余った肴を
土産に持ち帰る。

 

ハイテンションに
なったライダーが、
席のちょうど後ろにいた
女の子チャリダーを
連れてきてしまった。

 

宿も違うのに….

 

みどり湯に一緒に行き、
宴会に
参加することになった。
同い年だった。

 

みどり湯に戻り
宿泊者全員+連れて
こられた女の子での
宴会が始まる。

 

オーナーのおばちゃんが
ミラーボールで部屋を
照らしながら、
話し始めた。

 

 

おばちゃんの注意事項や、
北海道の事を話し終えると、
次はそれぞれの
自己紹介に移る。

 

ここでも
盛り上がりを見せる。
そして自己紹介が
終わった後には、

 

皆で松山千春の
「大空と大地の中で」を
みんなで合唱する。

 

ボカロばっかり
聞いていたので

 

「昭和の歌なんてわからないよ!歌えるのか?!」と思ったが

 

イントロを聞いた途端

「あ、何かこの曲聞いたことあるな」と

確かに聞いたことのある
メロディーだった。

 

みんなで肩を組み
輪になり、歌う。

 

歌も北海道の風景を
思い浮かべるものだった。

 

歌詞と自転車が
本当にマッチしていた。
今日走ってきた、

 

オロロンラインを
頭に浮かべ、歌った。

 

歌を終えた後は、
集合写真を撮り、
宿泊者同士で
好きなことを話した。

 

本当に楽しい時間だった。

 

お酒も入り夜も深まり
気づいたら消灯時間だった。
歯磨きなどをして床に入る。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2日目 稚内→浜頓別

朝6時にもなると、皆起き出す。旅人の朝は早い。8月下旬の最北端の朝は羽幌より寒かった。もう冬が来ているのか。今日は稚内から90kmほどの浜頓別という所まで行く。もちろん日本最北端の地、宗谷岬にもよる。今日から北海道一周は後半が始まり、南下し始める。

 

とりあえず、1階の居間へ降りる。

 昨日の宴会や、歌を合唱したとこである。自己紹介中は写真上部のミラーボールが光る(笑)中にはもう出発しようと、玄関で準備している人もいた。朝ご飯をとりたいが、おばちゃん曰はく、この時間はセコマか、すき家ぐらいしか開いていない。ここのすき家は、日本最北端のすき家なので、バイトの身としては行かなくては!(使命感)

 

 昨日夕食を一緒に食べた方々、オーナーのおばちゃんにお礼を言い、出発する。自己紹介の際に、世界一周自転車旅の事を言ったので声援を送ってくれた人もいた。とてもいい宿だった。また北海道に来たときはもう一度いきたい。そして宿を後にして、旅の後半をこぎはじめた。

 

 ちょっとこいで、南稚内駅の近くにすき家があったのでご飯を食べに行く。

 朝食メニューを頼んで、ちゃっちゃか食べる。会計際に「ここって日本最北端のすき家ですよね?」と聞いてみると、確かにそうだった。私が横浜のすき家クルーと伝えて、自転車で来たことなど少し話した。せっかくなので領収印(店のスタンプ)をノートに押してもらった。横浜に帰ったら他のクルーにも見せよう!

 

それでは、宗谷岬へ出発!

 

それなりに大きな街。ちなみに、青看板にはロシア語(キリル文字)も書かれている。

 

街はずれ。宗谷岬を目指していく。オホーツクの風は寒い。

 

走ること30分。宗谷丘陵へ入る。斜度はそこそこ。交通量はかなり少ない。

少し開けた場所。遠くに風車がある!

 

神威岬とは異なる風景。青空とのコントラストが良さみ

 

そして、宗谷岬へヒルダウン。モニュメントがある

サハリンが見えた!!

美しい丘陵を越えて、岬へヒルダウンしていく。風が強い。ヒルダウンしていると、道内初のキツネに出会った。唐突にあらわれた。

北海道では、道路脇からエゾシカやキツネが出てくると聞いていて、ダウンヒルなどは最初は気を付けていたが、意外と会うことがなく、今回初めて出会った。最初見た時は柴犬に見えた。

 

丘陵を降りると、遂に最北端の地へと降り立った!

日本の最北端の土地。数キロ先にはサハリン、ロシアがある。ここまで来たんだな….とても、サイハテ感がする。チャリダーとしても、最北端に来れてとても感動した。

 

写真撮影を終えて、しばらく休憩。なんか食べたかったので、お店に入り、そばをたべた。最北端のそばである。ここの物々は全て最北端になる。

 

そばを食べ終えて、サハリンを見つめながら黄昏た後、今日も走り出す。今日で北海道編も折り返し地点、後半戦に入る。9月1日になり、朝夕は結構寒くなってきた。北海道に入って2週間、もう半分を走ってしまったと考えると、日本は小さいのかもしれないと思うことがある。

猿払、浜頓別を目指し、オホーツクラインに沿って南下していく。また何もない道路一本の道へ。

 途中変なオブジェを発見

猿払村に到着。北海道ではお馴染みのセイコーマートで休憩。オホーツクの風は寒い。猿払を走っていると途中、小学生の団体が声援を送ってくれた!うれしい。

海岸には港、海産物の加工所がたまにある。山積みになったカキの殻もあった。平野部では農場、牧場が広がっていた。この辺の産業は一次、二次(食品加工)がメインなのであろう。平野部を漕いで進んでいき、14時には浜頓別に到着。浜頓別にはクッチャロ湖という湖があり、そこにはキャンプ場がある。近くに銭湯もある。とても立地が良い。ついでにバーナーの灯油がなくなったので、ガソリンスタンドでガソリンを購入。チャリ出来て、「レギュラー、1L!お願いいたします!」と、ガソリン携行缶を差し出して、入れてもらった。(ガソリン携行缶へガソリンを入れる際は、店員が入れなければならない。)

 

銭湯に入り、休憩室でまったりする。FreeWi-Fiがあったのでブログを更新しようとしたが、疲れて結局できなかった。。。キャンプ場に移動。受付でサイト料を支払う。なんとたったの200円。大成でのやばいキャンプ場は500円だったのに、クッチャロ湖は200円でこのクオリティとは….

素晴らしい

 おなじサイトにキャンプする、おじさんと少し話す。軽自動車の内装を改造して、キャンピングカーにしていた。結構住み心地はよさそう。キャンピングカーとかもいいな!雨の日も問題ないし。

 

 夕食はペンネと缶詰。ガソリンをMSRボトルに入れ、点火!やっぱりプレヒートでは煤はでる。20㎝にも及ぶ火柱が上がるが、次第に小さくなり、シューと気化する音が聞こえる。そして、なんと青炎がでた!灯油は上にクッカーを置いて、ようやく青炎がでるかな?といった感じだったのに、ガソリンはすぐに青くなった!やっぱり沸点の差かな。完全燃焼なので煤は出ず、またプレヒートでた煤も燃えてくれる。使い終わった後、クッカーに着いた煤に悩むことは無かった!ただし、ガソリンなので扱いには気を付けなければ…ともあれ、煤が付かないのは大きい。煤を洗うのが面倒で、調理を避けていたが、これからは遠慮なく使える!

 

 湖畔のキャンプ場で寝る。とても景色が良い。湖に映る星空がきれいだった。明日は網走までの途中にある、興部(おこっぺ)へむかう!後半戦が始まる!

次→その11