上高地に行こう! 4日目 別世界

日本アルプスの自然の中のキャンプ。川の音を聞き寝れるのは最k……..

寒っっっ!!!蔦木宿より寒い。おかげで夜中に何回か目が覚めてしまった。上下長の上、寝袋にくるまっているのにかなり寒い。仕方ないので、インナーをもう一枚来て、寝袋の上に雨具(兼防寒具)をかけて寝る。それでもまだ寒かったが、比較的マシだった。やはりAmazonで買った安いものではなく、モンベルあたりで新しい寝袋を買おう。
後で調べたが、9月の上高地は一気に気温が下がり、初霜が観測されることもある。つまり夜は10℃以下になることもあり得るのだ。夏用寝袋じゃ寒いわけだな。(引用:上高地Webサイト http://www.kamikochi.or.jp/this-month/september/

今日は別にどっかいくわけでもないので8時に起床。テントを出るとすばらしい自然!

日本ではないように見えた。空気は冷えている、とても美味しい。国立公園最高!!

昨日、夕飯がお粗末だったので腹が減っている。朝食を作ろう!飯盒と手作りアルコールバーナーで、炊き込みご飯と味噌汁をつくる。焚火は禁止だが、バーナーは大丈夫。バーナーにアルコールを入れて、火をおこす。洗米した米を飯盒に入れて、炊き込みご飯の素と一緒に炊飯する。調理風景はこんな感じ
手作りアルコールバーナーは、自身が温まり、その熱でアルコールが気化して、小さい噴出口からジェット噴射される(本燃焼)。それでコンロみたいに青い炎がでる。火力はそこそこ強いが、アルコール100mlで10分ほどしか持たないのが弱点。プレヒートで使われるアルコールの量が多いのが原因で、本燃焼の時間が短くなっている。材料はアルミ缶2つ、youtubeに色んな人の制作動画があるので参考にしてみるとよい。待つこと数分…

完成!

素晴らしい出来である。ごはん炊いて、わいたお湯にマルコメの味噌汁の素を入れただけだが、うまそうだ。普段じゃ何気ない食事だが、こうゆう場所で、旅の最中に食べる食事は大抵何でもおいしく見え、実際美味しい。水は上高地の水。非常に冷たくて塩素臭もない。朝食を食べて、しばらくキャンプ場をうろうろする。その間に受付で有料の充電場があるので、充電させてもらう。売店に行きお土産を探る。

売店では通行手形をお土産として買った。としても登山客が多い。上高地の先には槍ヶ岳があり、周りには穂高岳、笠ヶ岳がある。どれも雄大で自然にあふれている。国立公園になる理由もわかる。自転車で走るときは、この山々には坂で苦しめられたが、上につくとそんなことも忘れてしまう。ヒルクライム中毒の初期症状でもある笑。

今日は昼過ぎには松本駅で輪行して帰る予定。前回の富士山編はそのまま帰ることができたが、今回はそういう訳にはいかない。旅に行くはいいが、戻ってこれなければ意味がない。とりあえずテントを片付け、荷物をまとめて下山準備をする。受付にスマホを取りに行き、受付の人と話した。自転車で来たことには驚いていた笑

両手に荷物を抱えて、駐輪場へ行く。上高地に言って本当によかった。素晴らしい自然と出会いがあり、充実した自転車旅であった。上高地には人生でもう一度いきたい場所にもなった。

トンネル怖いから、自転車ではいかないけどね

駐輪場に行く前に、上高地郵便局へ行く。ゆうパックで荷物をおくった。上高地から横浜でも2000円ぐらいだった気がする。荷物が少なくなり、自転車が漕ぎやすくなった!そして下山!やはり下りは最高!!しかし、斜度があるのでスピードに注意したいが…!おとといの雨でシューが削れていて、ブレーキが甘い!途中でリムを拭いたりしてどうにかなった。今度からはシューの予備を持っていこう。。

上りは4時間。下りは40分!圧倒的なスピードだった。途中の「風穴の里」で松本山賊焼きを食べる。がっつり系が最近ほしかったところだ。
ぺろっと平らげ、アイスクリームも食べる。

松本駅前に到着して、輪行のため分解を開始した。輪行は3回目でありテキパキできるようになってきた30分後、輪行袋に半ば強引に収納。10kg以上あるので結構肩に来る。電車を調べると…どうやら特急「あずさ」で行くのがいいが5000円が飛んだ(´;ω;`) ちなみに普通列車で行こうとすると6時間ぐらいかかる場合がある。特急券を買うのが実は初めてで、何をすればいいか全くわからなかった。駅員さんに丁寧に教えてもらい、どうにか購入。私は、「合計=普通列車運賃(ベース)+特急列車使用料」、であることを理解できた。こうゆう社会勉強できるのも旅のいい所。

あずさを待って、ホームで30分。列車が来て、中に入る。指定された席に座る。でかい自転車は狭い列車では持ち運びに苦労する。ほかの乗客に迷惑かけないようにして、一番後部座席の空いてるスペースに入れる。

列車が出発して走り出す。普通列車を追い抜いてゆき、あっという間に塩尻..諏訪..茅野…甲府。昨日頑張って走った20号を眺めながら、丸一日かけて走った道を特急列車は1時間足らずで走った。甲府でいったん停車する。人が少し増えた。そして、列車がまた動きだす。あぁ、とても速いなぁ。。。トンネルにはいり大月に向かっていることが分かった。少しだけ見えた国道20号に一昨日の自分の走る姿が見えた気がした。2日目のページで、自転車で旅すると日本が広く感じると思った。確かにそうだった。列車で移動すると、とても日本が小さく感じた。圧倒的な違い。もちろん便利であるし、こうして輪行できて数日あれば自転車旅できるのもこうゆう、列車のおかげである。しかし…なんか…寂しかった。過ぎていく風景を眺め、またトンネルへ入る。よくわからない寂しさを胸に、次の旅行の計画を思い浮かべていた。

 

横浜の家に着いたのは18時過ぎであった。見慣れた風景をみると、安心した。あの山奥から帰ってこれた!!無事、旅はおわった。雄大な自然と出会いが印象的な旅だった。駅で自転車を組み立てて、家に戻る。家に戻り、荷物を整理して、お風呂に入った。やっぱりお風呂は格別だぁー
3日分の溜めていた疲れが督促するように、眠気に襲われた。あっさてからはバイトがある。全力で行きたくなかった。日常に戻るのが嫌で、旅を続けたかった。しかし、日常を受け入れた。でも旅をした後に普段の生活に戻ると、気づけなかったこととか、いろんなありがたみが分かってくる。今回の旅は有意義なものだった。やっぱり、旅は最高!

 

[上高地編総括]
・雨は自転車の敵
・オイル、そしてチェーンを洗浄できるようにしよう
・充電するためのバッテリーをもっと買う。
・無理に走らない。適度な休憩をとる。そして少しでもいいからトレーニングする!
・信州は神。神州
・トンネルも自転車の敵
上高地は人生で一度は行くべき

 

★上高地編おしまい★
次→

いちいいちい

About

自転車旅が大好きな学生です。日本の色々なところや、海外にも自転車旅しに行ったりします。そこでの出来事、風景、ノウハウを紹介したいと思います。2019年には世界一周しに行きます!

You may also like...

Your email will not be published. Name and Email fields are required